大動脈瘤のCT画像AI診断補助システムを開発、診断プロセス確立へ

大動脈瘤のCT画像AI診断補助システムを開発、診断プロセス確立へ(会員限定)

医療画像の診断を専門に行う放射線科医はいま、世界中で不足している。その傾向は地方医療の現場においてより顕著である。およそ10年前に超高齢社会となった日本では、それが破綻すれば大出血しかねない大動脈瘤が、社会問題になると予想されている。

COVID-19拡大防止、AI×サーマルカメラのしくみを共同展開

COVID-19拡大防止、AI×サーマルカメラのしくみを共同展開(会員限定)

そのパンデミックが宣言されて以来、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は拡大の一途を辿り世界中に蔓延した。ワクチンや特効薬が開発途上であるために、新規感染者数が減少に転じた国や地域でも油断禁物――経済活動の再開はCOVID-19の再燃リスクと表裏一体である。

コロナ禍を乗り越える、3Dプリントネットワークでオンデマンド生産

コロナ禍を乗り越える、3Dプリントネットワークでオンデマンド生産(会員限定)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がグローバル経済を機能不全にした。世界的な感染拡大により、工場稼働停止に伴うサプライチェーンの毀損や、人工呼吸器など各種医療機器の不足といった問題が発生している――が、産業界は今、それらに立ち向かいつつある。

COVID-19に関するツイートをモニタリング、誰でも閲覧可能に

COVID-19に関するツイートをモニタリング、誰でも閲覧可能に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策が求められるなか、地域ごとに異なる課題や市民の関心事を迅速に把握することの重要性が高まっている。COVID-19は、緊急事態宣言の有無にかかわらず、長期間にわたり市民生活に影響を与えることが想定される。

新型コロナの影響を受けている人たちを企業版ふるさと納税で支援する

新型コロナの影響を受けている人たちを企業版ふるさと納税で支援する

平成28年度税制改正で地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)が創設された。これにより、内閣府が認めた地方公共団体による「地方創生プロジェクト」に寄附を行った企業は、寄附額の約6割を法人関係税から税額控除されることとなり、令和2年度税制改正でさらに――。