県庁DX、契約業務を

県庁DX、契約業務を"時短""物理ハンコレス""ペーパーレス"化

紙の契約は時間も手間も膨大にかかる。契約合意、印刷、製本、押印、封入、送付、相手先押印、同封入、相手先から返送、リスト作成、ファイリング、保管といった流れで契約業務が完了する。それをデジタル転換すれば、契約当事者双方において、負担及びコストの削減効果が最大化される。

個人の

個人の"メタバース"スキルを商品化、ビジネスの発展に寄与する

メタバース(高次の仮想空間)は昨今、産業・社会分野でも活用されつつある。その市場規模は拡大していて、フリーランス等のスキルと企業・団体の需要をつなぐプラットフォームにおいても、メタバース関連でのマッチング件数が増加傾向にある。

働き方を見える化、勤務状況をスコア化して労務管理を容易に

働き方を見える化、勤務状況をスコア化して労務管理を容易に

ニューノーマル時代の働き方が企業に浸透した昨今、柔軟性のある働き方ができるようになった。そこでこれまで当社のソフトウェアは、集約したログのレポーティング機能で従業員の働き方を見える化し、労務管理や業務内容の確認を支援してきたが――

気象予報士&主婦がこだわって開発したしくみをAPIで

気象予報士&主婦がこだわって開発したしくみをAPIで

梅雨時の悩みは洗濯物にある。ふだんでも夜、天気アプリで翌日の空模様を確認して、洗濯機を回すか否か判断する。早朝に、スマホ画面のグラフや太陽マーク、雨雲レーダー表示をみてスイッチオンすることもある。部屋干しを強いられた日には心まで晴れない。室内のにおいと、よどんだ空気が気になる。

勤怠・工数管理DX、物流業界で11万時間の手間を削減する

勤怠・工数管理DX、物流業界で11万時間の手間を削減する

スマホの普及等で各種EC(電子商取引)が台頭しているのに、労働人口が減少している。日本の社会環境を背景に、そのロジスティクス事業会社では、急速なビジネス拡大とともに、従業員一人あたりの生産性向上を推進――その中で、現場での作業工数管理がひとつの課題となっていた。