クラウドOpsを自動化する、次世代型システム運用サービス基盤

クラウドOpsを自動化する、次世代型システム運用サービス基盤

企業・団体向けIT(情報技術)システムでは、洗練された運用管理がとても重要になる。自家製アプリケーションを高品位かつ迅速展開するために、開発部門と運用部門がその企画段階から連携する"DevOps"という手法に注目する。今、システムそのものは、クラウドに移りつつある。

世界初のカルガモ高速走行!トラック3台が5G通信にて

世界初のカルガモ高速走行!トラック3台が5G通信にて(会員限定)

交通事故死の大幅削減、交通渋滞の緩和、物流交通の効率化、高齢者らの移動支援。これらを目標にいま日本でも研究開発が進んでいる、自動運転システムは、今年から来年にかけて、その重要基盤にもなる次世代移動通信規格(5G)の実用化とともに、大きな節目を迎える。

大容量コンテンツの通信量を9割削減

大容量コンテンツの通信量を9割削減

スマートフォンやSNSの普及、視覚に訴えるマーケティングおよびオンラインチャネルの増加によって動画が一層身近なものになった。

「従業員と組織の

「従業員と組織の"働き方"を自動分類、グラフで可視化」

働き方改革関連法の施行や人手不足を背景に、労働時間の適正管理や生産性の向上が経営の重要課題となっている。企業からは「働き方の質を高め、生産性向上を図りたい」、「相手に負荷をかけず、テレワーカーの働き方の状況の把握をしたい」といった声が聞こえる。