メタバース接客、3Dアバターへオペレーターの表情を即時遠隔伝送

メタバース接客、3Dアバターへオペレーターの表情を即時遠隔伝送

サイバースペースに写実的な小宇宙を構築する。「メタバース」は3次元の仮想空間やそれを用いたサービスであり、昨今、商業的色合いが濃くなりつつある。CEOが自らの3Dアバターを使って事業ビジョンを発表したり、テレワーク社員同士が自身のアバターで企画会議をしたりといったことが始まっている。

銀行の電子マネー×地域ウォレット、新たな顧客DX体験へ

銀行の電子マネー×地域ウォレット、新たな顧客DX体験へ(会員限定)

IT(情報技術)の浸透が人々の暮らしをより良い方向に転換していく。デジタルトランスフォーメーション(DX)が産業・社会基盤等で具現化しつつある昨今、国際的には、AIやビッグデータを活用し、社会の在り方を根本から変えるような都市設計の動きが急進展している。

顔の印象をAI分析、

顔の印象をAI分析、"オンリーワン"の化粧パレットを提案する

EC市場が急拡大している。消費者の購買行動が大きく変化するなか、小売業でもAIやIoTなどの情報技術およびデジタルデータを活用して、新しい顧客体験を提供することが注目されている。そこで顧客とのあらゆる接点を意識し、顧客体験価値の向上に注力――。

1kmメッシュの日射量予測データで、インバランスリスクを低減する

1kmメッシュの日射量予測データで、インバランスリスクを低減する

2050年カーボンニュートラルの実現をめざす。日本では今年4月、売電価格に一定のプレミアム(補助額)を上乗せすることで再エネ導入を促進する「FIP制度」が始まる。インバランス制度の改正やアグリゲーターのライセンス制度の開始も予定されている。