新着記事

世界の「ホームIoT」事情とCATV局のICTビジネス

世界の「ホームIoT」事情とCATV局のICTビジネス

ブロードバンドと無線ネットーワーク機器を年間3600万台規模で開発・導入する世界有数のODM専業メーカーであるサーコム(本社・台湾台北市)は今、注目されるICT市場向けに顧客のニーズに対応した先端技術の開発にも力を入れている。日本法人のサーコム・ジャパンは日本のメディア市場において、特にCATV局の事業性に関心を持っているという。このほど、同社代表取締役社長の伊藤信久氏に世界のICT市場と日本におけるCATV市場のビジネス課題について話を伺わせてもらった。

本文を読む