CATVイノベーション調査結果分析

CATVイノベーション調査結果分析

サーコム・ジャパン代表取締役社長の伊藤信久氏にケーブルテレビ市場のビジネス課題について話を伺わせてもらった。

2018年第2四半期の外付型ストレージ支出額は383億6,200万円

2018年第2四半期の外付型ストレージ支出額は383億6,200万円

IDC Japanは、2018年第2四半期(4月~6月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表した。2018年第2四半期の支出額は383億6,200万円で前年同期比0.2%増となった。

本文を読む
火力発電所向け運用高度化サービスを開発、関西電力ら

火力発電所向け運用高度化サービスを開発、関西電力ら

関西電力と三菱日立パワーシステムズ(以下、MHPS)は、AI(人工知能)を活用した国内外の火力発電所向け運用高度化サービスを協働で開発することで基本合意書を締結しました。また、ボイラー燃焼調整の最適化システムを構築し、2018年度中には関西電力が保有する舞鶴発電所にて実証試験を実施することを目指す。

本文を読む
パイオニア、USB端子接続でPCオーディオの高音質化を実現

パイオニア、USB端子接続でPCオーディオの高音質化を実現

パイオニアは、USB端子に接続するだけでIT機器の電源ノイズや信号ノイズを低減し、高音質な音楽を楽しめるUSBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」の提供を開始した。USB端子に接続するだけでPCオーディオの高音質化を実現する。

本文を読む
従業員がイキイキと活躍できる働き方の継続的な改革、日立が提案

従業員がイキイキと活躍できる働き方の継続的な改革、日立が提案

日立製作所(日立)は、これまで把握することが難しかった、従業員の生産性や配置配属などに対する意識をデータとして見える化し、人事施策の高度化を支援する「日立人財データ分析ソリューション」を販売開始した。

本文を読む
自動運転など先進車載アンテナ製品の開発を加速

自動運転など先進車載アンテナ製品の開発を加速

ヨコオは、群馬県富岡工場に2017年から新設工事を進めてきた「AMTC(Advanced Measurement Technology Center)」が竣工し、同センター内に建設していた最新鋭の車輌専用「電波測定サイト」が完成したことを発表した。

本文を読む
インターネットの匿名性とプライバシーを外敵から守ろう「Alter-ego」

インターネットの匿名性とプライバシーを外敵から守ろう「Alter-ego」

会員限定

この10年ほどで大きくその人口を拡大することとなったインターネットの世界だが、関わる人間の数が増えた分、それだけ個人では管理しきれない問題も噴出するようになった。

本文を読む
日立、生産工程全体のデジタルツインの実現を目指したサービスを提供

日立、生産工程全体のデジタルツインの実現を目指したサービスを提供

日立製作所(日立)は、生産設備の稼働状況や環境情報などのOT(制御・運用技術)データおよび生産計画や在庫管理などのITデータをデジタル空間上で紐付けることで、継続的かつタイムリーなAI分析やシミュレーションを容易にし、生産工程全体の最適化を支援するソリューション「IoTコンパス」を2018年11月19日から販売開始する。

本文を読む
膨大な過去データの分析で、問題発生時の状況に類似した事例を探す

膨大な過去データの分析で、問題発生時の状況に類似した事例を探す

東芝デジタルソリューションズ(以下、東芝DS)は、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」の新たなサービスとして、トラブルなどの対応事例を知識として蓄積・活用することで様々なAI業務ソリューションを実現する「RECAIUS ナレッジプラットフォーム」を提供開始した。

本文を読む
ハイブリッド環境を含むネットワークの障害影響確認や運用自動化へ

ハイブリッド環境を含むネットワークの障害影響確認や運用自動化へ

TISとフィックスポイントは、「標準トポロジモデルを応用したネットワーク構成の可視化に関する研究」(以下、同研究)を共同で開始することを発表した。ハイブリッド環境を含むネットワークの障害影響確認や運用自動化への応用を目指す。

本文を読む
老朽化が進むインフラの効率的な維持管理を支援する共同研究開発

老朽化が進むインフラの効率的な維持管理を支援する共同研究開発

日本ユニシスと日本海コンサルタントは、日本ユニシスグループが提供するIoTビジネスプラットフォーム、AI(人工知能)技術を活用した橋梁の劣化要因・健全性判定支援システムの2018年度共同研究開発を開始した。2年目となる共同開発では、判定精度向上の研究を継続してシステム強化を図り、2019年度の実用化を目指す。

本文を読む