CATVイノベーション調査結果分析

CATVイノベーション調査結果分析

サーコム・ジャパン代表取締役社長の伊藤信久氏にケーブルテレビ市場のビジネス課題について話を伺わせてもらった。

自動車車体における部品形状最適化技術を開発、スズキが採用

自動車車体における部品形状最適化技術を開発、スズキが採用

JFEスチールは、自社の「JFEトポロジー最適化技術」が、スズキが発売した「スイフトスポーツ」に、部品形状の設計手法として採用されたことを発表した。これは、二社が共同で部品形状の最適化に取り組む中で、JFEトポロジー最適化技術を用いて設計することで少ない部品重量で最大の衝突安全性能向上を達成したことによるものだという。

本文を読む
スマートフォン向けスピーカーの新しいソリューション「Magic Box」

スマートフォン向けスピーカーの新しいソリューション「Magic Box」

会員限定

スマートフォンがオーディオデバイスとして活躍するようになったことや、ストリーミングサービスの普及によって、スマートフォンに最適化されたスピーカーの需要は徐々に増加している。

本文を読む
AI清掃ロボット「Whiz」を日本初導入、三菱地所グループの物件に約100台を順次展開

AI清掃ロボット「Whiz」を日本初導入、三菱地所グループの物件に約100台を順次展開

三菱地所株式会社は、効率的かつ付加価値の高い次世代型の施設運営管理のモデルを構築すべく、ソフトバンクロボティクスが人型ロボット「Pepper(ペッパー)」に続いて開発したAI搭載のバキューム清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」を日本で初めて導入した。

本文を読む
複数の精神疾患における記憶力を共通のモデルで予測することに成功

複数の精神疾患における記憶力を共通のモデルで予測することに成功

高橋英彦 医学研究科准教授、吉原雄二郎 同特定助教、山下真寛 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所研究員、川人光男 同所長らの研究グループは、ATR脳情報通信総合研究所が開発した個人の作業記憶力を予測する機械学習アルゴリズムを用いて、統合失調症など様々な精神疾患患者が安静にしているときの脳活動から、作業記憶力を予測した。

本文を読む
「バイオニックヒューマノイド」活用により世界最高水準のロボットを実現

「バイオニックヒューマノイド」活用により世界最高水準のロボットを実現

東京大学大学院工学系研究科光石衛教授らの研究グループは、大学・企業・病院との共同研究により、脳神経外科などにおける微細手術への適用を可能とする低侵襲手術支援ロボット「スマートアーム」を開発した。

本文を読む
鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発

鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発

日立製作所は、YAMAGATA、京都機械工具とともに、鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発した。鉄道車両のさらなる製造作業の効率化と品質の向上を図る。

本文を読む
専用カメラで撮影したアナログメータ画像を独自アルゴリズムで解析・可視化

専用カメラで撮影したアナログメータ画像を独自アルゴリズムで解析・可視化

オージス総研は、独自アルゴリズムにより、アナログメータの指針値を高精度に識別および可視化することができる「アナログメータ可視化サービス」の提供を開始する。2019年4月を予定している。

本文を読む
海外拠点での医療機器の遠隔監視サービスを開始、アークレイ

海外拠点での医療機器の遠隔監視サービスを開始、アークレイ

アークレイは、海外で医療機器のリモートモニタリングシステム「Intelligence by Connected ARKRAY Products」を提供開始した。医療機関で使用中の医療機器の稼動状態を遠隔で監視・診断することで、故障要因の迅速な究明や修理対応につながり、機器のダウンタイム短縮に貢献することを目指す。

本文を読む
中間バンド型太陽電池を世界ではじめて液相法により作製することに成功、花王ら

中間バンド型太陽電池を世界ではじめて液相法により作製することに成功、花王ら

花王マテリアルサイエンス研究所と東京大学先端科学技術研究センター、九州工業大学大学院生命体工学研究科の産学連携の共同研究グループは、高エネルギー変換効率が期待される中間バンド型太陽電池を、「液相法」により作製する技術開発に成功した。

本文を読む
重症1型糖尿病に対する革新的な治療法の確立を目指して

重症1型糖尿病に対する革新的な治療法の確立を目指して

第一三共、三菱UFJキャピタル、東京工業大学は、iPS細胞からインスリン産生細胞を作製し、再生医療・細胞治療への活用を目指すオープンイノベーション研究を開始することを発表した。

本文を読む