小型モビリティをデジタルツインで自走化、まずは電動車椅子から

小型モビリティをデジタルツインで自走化、まずは電動車椅子から

自動車より手軽な移動手段となる。一、二人乗りの小型車両「パーソナルモビリティ」は、自律走行を実現する際、対象エリア内の独自マップ情報を事前作成する必要がある。範囲が広い屋外でのそれは難しい。一方屋内では、屋外走行用の各種安全装備と多数のセンサーを減らすことも課題だという。

東京都内の宙を飛ぶクルマ、サービスの早期実現に向けて――

東京都内の宙を飛ぶクルマ、サービスの早期実現に向けて――

世界の先進諸国で研究開発され、その社会実装が検討されている。「空飛ぶクルマ」は、都市部での渋滞解消、交通インフラが不十分な地域での移動手段の提供、災害時利用といった社会課題解決に加え、移動時間の短縮、プライベートでリッチな体験の提供など新たな価値提供が期待されている。

グリーン社会の具現化に向けて、排水処理槽を自動遠隔監視する

グリーン社会の具現化に向けて、排水処理槽を自動遠隔監視する

"水"を究めて自然と社会を豊かにする。その企業ではこれまで、排水処理を行う沈殿槽に対し、超音波センサーを活用して排水の処理状態を可視化する技術を提供していたけれど、沈殿槽の処理状態の正常/異常の判断基準が明確ではなかった。

工場システムをサイバー防御、可視化~保守サポートを一括提供

工場システムをサイバー防御、可視化~保守サポートを一括提供

工場のスマートファクトリ化が進展している。昨今サイバー攻撃が世界で頻発、制御システムのセキュリティリスクは増大傾向にある。日本では、重要インフラ分野のセキュリティ対策が義務化され、工場事業者に求められるセキュリティ要件水準も一段と高くなっている。