VR空間で3D CADデータの部品を自在に個別操作が可能に

サイバネットシステムは、サイバネットが販売・サポートするVR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョン3.0を販売開始した。開発/設計から生産準備まで、幅広い業務プロセスにおいて開発期間の短縮やコスト削減を支援。

バーチャルデザインレビューは、3D CADの形状をデータ変換などの手間をかけず直接VR空間に投影させ、遠隔地のメンバーを含む複数人が同一のVR空間の中でコミュニケーションを取りながらレビューすることができるVRシステム。手戻りや設計変更などの情報を有効に共有することで、コストと時間の圧縮を実現するという。


今回、CADデータの部品を個別に移動でき、独自の工具を使った干渉チェックも可能にした。VR空間内で3D CADのデータを部品毎に分けて動かせるようになった。VRでは実寸大で設計した製造装置や生産設備などのCADデータを表示できるため、設備設計や工程設計の段階で組立て性や組み付け手順を確認できる。

また、自社の工具を登録しVR空間で表示する機能も追加。任意の工具をVR空間に表示し、製造設備や製品との干渉チェックなど作業性を確認できるため、デザインレビュー用途に加えて、生産技術部門の実作業者のトレーニング用途としても有効だ。

さらに、インポート機能に対応するCADモデルの種類を拡充した。バーチャルデザインレビューは、エンジニアが日常的に利用している約60種類以上のCADソフトウェアに対応しており、CADソフトで表示させたモデルの状態をそのままVR空間に投影させることができ。CADデータをインポートすることで、さらに設定や操作性の自由度が広がる。

新バージョンでは、このインポート機能に対応するCADファイルの種類が増えた。STEPやJTなどの中間ファイルだけではなく、「CATIA V5」「SOLIDWORKS」「NX」「SolidEdge」などのネイティブなCADファイルをインポートできるようになった。

その他、VRで見ている画面のキャプチャ画像をGUIでそのまま作成する機能、複数人で同一のVR空間の中を見ているとき、自分の視点を他のメンバーに同時に共有させる機能などを追加した。

VRソリューション「バーチャルデザインレビュー」最新バージョンV3.0販売開始のお知らせ

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事