有害獣類の被害防止対策にLPWAを利用した通知システムを採用

マスプロ電工は、愛知県日進市、日進市猟友会と共同で、イノシシなどの有害獣が箱罠で捕獲された情報を、LPWA (Low Power Wide Area)を利用して通知するシステムの実証実験を開始した。近年、イノシシなど野生有害獣による被害は、住宅地に出没し人に危害を加えることや農作物被害など一つの社会問題になっている。


マスプロのLPWAを利用した通知システムを利用することで、定期的に箱罠を確認するなどの手間が省け、人手不足に苦しむ猟友会の省力化につながると同社は説明する。

このシステムでは、イノシシが箱罠に入り檻が降りると、あらかじめ登録した携帯電話などにメールで通知する。担当者が定期的に箱罠を確認する必要がないため、確認作業を省力ができる。

また、LPWA規格の一つである「Sigfox」は一度に送信できるデータ量は小さいが、遠距離通信や乾電池のみで駆動する圧倒的な低消費電力を実現した新たな通信手段として注目されている。このシステムでは、電源工事も不要で移設も容易で、またランニングコストを抑えて運用が可能だという。

日進市の有害獣類被害防止対策でLPWAを利用した通知システムの実証実験を開始!

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事