AIを活用して物流部門の働き方改革を促進

レンゴーは、連結子会社のレンゴーロジスティクスが運営する八潮流通センター(埼玉県八潮市)において、AI技術を活用した製品荷揃え計画・トラック誘導に関する新たなシステムを完成し、運用を開始したことを発表した。労働時間短縮により物流部門の働き方改革を進める。


八潮流通センターは、日本最大級の板紙製紙工場である八潮工場の製品物流の効率化と迅速な輸送を目的として2015年に開設した物流センターで、約2万5,000トンの板紙製品を収容可能だ。

トラックへの製品積込みのための荷揃えは、製品が異なるエリアに分散して在庫されていることも多く、また、トラックバースの空き状況も把握しなければならないことから自動化が遅れていた。今回、運用を開始した新システムは、自社開発のAI技術により、従来、オペレーターが行っていた製品荷揃え位置の立案作業を自動化する。また、最も効率的、かつ、フォークリフトの交錯も考慮した安全性の高い計画の立案が可能となったと同社は説明する。さらに、担当者ごとの計画のバラツキも解消し、平準化と全体的な計画精度の高まりにより積込み時間の削減も実現したという。

今回の新システムの導入により、トラックの入場誘導から、製品の荷揃え、積込みに至る一連のシステムが完成し、物流センターの運営効率の向上と同時にトラックドライバーの拘束時間の削減が図れるという。同社は、物流部門を担うレンゴーロジスティクスともに、今後とも物流現場の業務改革を進め、輸送品質とサービスの向上を図るとともに、荷主企業の立場からトラックドライバーの働き方改革にも寄与することを目指す。

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事