AR/VRシステムの小型化/軽量化設計をより簡単正確に

サイバネットシステム(サイバネット)は、Synopsysが開発し、サイバネットが販売・サポートする「光デバイス/光通信システム設計環境RSoft(アールソフト)」の最新バージョン「RSoft Photonic Component Design Suite ver. 2018.12」と「RSoft Photonic System Design Suite ver. 2018.12」の販売を開始した。


光デバイス設計解析ソフトウェア群であるRSoft Photonic Component Design Suiteは、光デバイスのモデリングとシミュレーションのためのプログラム群。ベースとなるCADに解析用途に応じた、FullWAVE、DiffractMOD、BeamPROPなど各種ソルバを組み合わせることで様々な電磁光学問題を解析できる。

光通信システム設計解析ソフトウェア群であるRSoft Photonic System Design Suite」は、光通信システムのモデリングとシミュレーションのためのプログラム(OptSim、ModeSYS、OptSim Circuit)により構成されるソフトウェア群の総称。光通信システムの伝送特性を解析できる。

最新バージョンVer.2018.12では、AR/VRシステムの小型・軽量化に欠かせない回折光学素子の設計に必要なBSDF機能が強化された。

照明設計解析ソフトウェア「LightTools(ライトツールズ)」を用いて小型AR/VRシステムの設計を行うとき、RSoftのシミュレーションによって得られる回折光学素子の特性データファイル(BSDFファイル)を付与した条件で解析できる。今回のバージョンでは、RSoftで作成したBSDFファイルをLightToolsのゾーン回転機能に対応できるようになり、領域ごとに回転させたデータが必要な条件でも、簡単にモデル作成ができるようになったという。

また、BSDFファイル生成時に利用可能な回転対称条件が、これまでの90度と360度に加え、単一角度や45度、60度、90度、180度にも対応。回転対称構造での計算時間を大幅に短縮できる。

さらに、BSDFファイル生成時に波長を不均等間隔で設定可能になったRGBの正確な光源波長を指定した条件でBSDFファイルを出力する際、光源波長ごとに複数のデータを出力させる必要がなくなるため、作業効率が大幅に改善される。その他にも、FemSIM、ModePROPでのファーフィールド生成機能などが追加された。

光デバイス/光通信システム設計環境「RSoft」最新バージョン2018.12 販売開始のお知らせ

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事