デジタル広告による実店舗への来訪効果を正確に評価

電通と電通デジタルは、デジタル広告による実店舗への来訪効果を正確に評価するソリューション「True Store Visit」を開発し、提供を開始した。Facebookの複数のAPIとの連携により、Facebookの広告接触者の来店計測を可能にした。


True Store Visitは、電通デジタル独自の「True Lift Model」の考え方を応用することで、デジタル広告に接触して店舗に来訪した人のうち、「純粋に広告接触で来訪した人」と「広告に接触しなくても自然に来訪したであろう人」を統計的に切り分け、前者のみを広告効果として評価するソリューション。

True Lift Modelとは、電通デジタル独自の広告効果の測定モデル。クリックや特定ページへの来訪数、資料請求数、購買数、登録数、来店数などの各種KPIに関し、仮に広告がなくても自然に発生した効果と、広告への接触によって生まれた純粋な効果とを統計的に切り分けることで、真に広告によって発生した効果に絞って評価するというもの。

来店の計測には、電通と2018年3月から資本・業務提携関係にある米GroundTruthが保有する国内2000万MAU(Monthly Active Users)のデータと、同社の特許技術であるBlueprintsを用います。このデータと技術により、来店者の位置情報を施設の輪郭に沿って正確に設定できる。True Store Visitと組み合わせることで、来店者数を高精度に計測することが可能になるという。

これまでデジタル広告による来店計測は、広告に接触した人のうち、店舗に来訪した人の数全てを広告効果としてカウントすることが一般的だった。こうした従来の計測手法の場合、特に流通業や外食産業において、習慣的な来店のため「広告と接触しなくても自然に来店したであろう人」が数多く含まれてしまう。デジタル広告による来訪効果が過大に評価されてしまうという課題があり、その数値を広告効果のKPIとして設定できなかった。

加えて、従来の来店計測はタグの設定が可能な媒体に限られていたが、Facebookの複数のAPIとの連携により、Facebookの広告接触者の来店計測を可能にした。この連携は、GroundTruthの保有する来店情報をFacebookへ通知することで、広告セグメントごとの費用対効果を可視化する。

True Store Visitでは、各種デジタル広告キャンペーンにおいて、その来店効果をより正確に計測できることから、店舗への来店者数をKPIとして設定できる。さらに、その達成に向けた出稿計画の精緻化、効果が高いクリエーティブへの差し替え、予算配分の最適化などが柔軟に実施できると電通は説明する。

電通と電通デジタル、デジタル広告による実店舗への来訪効果を正確に評価するソリューション「True Store Visit」を開発・提供

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事