安全性の高い自動運転の実現に向けた信頼性向上技術を開発、日立

日立製作所(日立)と日立オートモティブシステムズは、産業機器や自動車の自動運転用制御システムにおいて、システム上で動くソフトウェアを高速に変更できる技術を開発した。異常発生時にも制御システムを停止させずに産業機器や自動車の継続動作が可能にした。


この技術により、制御システムの機能変更や追加、また、万一の異常発生時においても、ソフトウェアを高速に上書き修正することで、システムを停止せずに動作を継続することが可能となり、産業機器や自動車の自動運転時の安全性や信頼性を向上するという。

日本をはじめとした多くの先進国では、少子高齢化に伴い、労働力人口の減少や高齢者の移動困難などの社会課題が予測されており、産業機器や自動車の自動運転による課題解決が期待されている。自動運転の普及に向けては、さらなる安全性や信頼性の確保が重要だ。その際、様々な外部環境の変化に応じた制御システムの機能変更や追加、また、万一の異常発生時の対応が必要となるが、従来の制御システムでは機能を柔軟に変更することは困難だった。

そこで日立は、これまでIT分野で培ってきたソフトウェアを主体とする機器制御技術の知見を生かして、産業機器や自動車の自動運転用に、ソフトウェアにより制御システムの機能を柔軟に変更することができるミドルウェア技術を開発した。

この技術では、制御システムの自動運転中に、外部センサーからの入力情報や、入力情報を判断し次の動作を決めるための計算値をバックアップ領域に保存。制御システムの機能を変更する場合には、バックアップ情報を用いて、入力情報の再生や、次の動作を決めるための計算値の上書き修正を高速に実施する。これにより、信頼性や安全性の高い自動運転の実現が可能となる。

今回、日立と日立オートモティブシステムズは、1/10スケールの実験車両で自動運転を模擬し、技術検証を実施。CPUの故障が発生し機能の変更が必要な状況を模擬するため、実験車両の試験走行時に、ソフトウェアの停止命令を発行し、疑似的に制御システムに異常を発生させても、ソフトウェアを修正して制御を開始するまでの時間が従来比約7倍に高速化し、安定した走行制御を継続できることを確認した。

安全性の高い自動運転の実現に向け、制御システム上のソフトウェアを高速に変更する技術を開発

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事