2017年度のAI主要5市場は前年度比65.2%増、ITR調査

アイ・ティ・アール(ITR)は、国内の画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索のAI主要5市場規模推移および予測を発表した。AI主要5市場は今後も継続的な伸びが見込まれることから、CAGR(2017~2022年度)は35.6%、2022年度には500億円に達すると予測している。


各市場ともに、認識精度の向上など技術的な進歩とともに活用用途の多様化が進みつつあることから、2017年度のAI主要5市場の合計売上金額は116億円、前年度比65.2%増と急速な伸びを示した。

主要5市場の中で市場規模が大きく、今後の伸びが期待できるのが画像認識と言語解析だ。画像認識は幅広い用途で導入が進みつつあるが、特に需要が高いのが製造業での検品と小売業での各種分析用途で、当面はこれらの用途が市場の伸びを牽引すると見られる。言語解析は現状コールセンターでの活用を中心に導入が進んでいるが、今後幅広い分野に導入が広がると予想している。

ITRの取締役/シニア・アナリストである舘野真人氏は「2017年度は画像認識の実用化が進み、同市場の売上金額が前年度の約3倍となりました。2018年度以降も、工場での検品やインフラの点検・保守などを目的とした画像・動画データの自動識別のニーズは高まると見られます。また、構文解析やキーワード抽出、文章要約といった機能を提供する言語解析も、ビジネス現場での実用化が進み、主要5市場を牽引すると見られます」とコメントしている。

2017年度のAI主要5市場は前年度比65.2%増と急成長 2022年度には500億円に達すると予測 ITRがAI主要5市場規模推移および予測を発表

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事