単一細胞での遺伝子発現制御解析に成功、東工大ら

東京工業大学は、極めて少数の細胞を用いて遺伝子発現制御情報である「エピゲノム情報」を取得できる「クロマチン挿入標識(Chromatin Integration Labeling:ChIL)」法を開発したと発表した。


九州大学 生体防御医学研究所(大川恭行教授、原田哲仁助教、前原一満助教ら)、東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター(木村宏教授、半田哲也特任助教ら)、東京大学 定量生命科学研究所(胡桃坂仁志教授、有村泰宏特任助教(当時)、白髭克彦教授)の研究グループが成功。

この手法は、細胞を破壊することなしに、任意の転写因子やヒストン修飾などが存在する領域の塩基配列を増幅することができる。高感度での解析を可能にする。そのため、遺伝子の発現を制御する転写因子の結合位置やヒストン修飾を単一の細胞で測定することが世界で初めて可能になったと研究グループは説明する。

人体に存在する細胞は全て同一の遺伝情報を持つが、異なる組織を構成する細胞はそれぞれ特定の遺伝子を選択的に発現することで固有の性質を持つようになる。近年の技術革新により、単一の細胞での遺伝子発現(個々の遺伝子のRNAの存在量)を解析することが可能になっている。

しかし、遺伝子の発現制御のメカニズムを理解するために不可欠なエピゲノム解析は、従来の手法では少なくとも数千個の細胞を必要とした。そのため、幹細胞など生体内にわずかしか存在しない細胞への適用は極めて困難だった。今回の研究により開発された手法は、胚発生や細胞分化の制御機構など生命現象を制御する分子機構の解明に極めて有用であるとともに、がん研究・再生医療などへの応用が広く期待されるという。

研究成果は、英国科学雑誌『Nature Cell Biology』で公開された。

世界初、単一細胞での遺伝子発現制御解析に成功

カテゴリー: バイオ , ヘルスケア   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事