DNP、人工光を利用した植物工場向けLED照明の量産を開始

大日本印刷(DNP)は、食料自給率の向上や安定供給、食の安全性向上などを背景として、今後の伸びが期待される人工光を利用した植物工場向けLED照明「DNPフレキシブルLEDシート」の量産を開始し、本格的な販売を開始した。


近年、生活者の健康への意識の高まりから、新鮮で安全な農作物への需要が増えている。そうした中、従来の露地栽培による農作物の生産は、天候や病気、害虫の被害などによる影響を受けやすく、植物工場を利用した安定供給に注目が集まっている。また、食の安全意識の高まりも、無農薬・低農薬で栽培が可能な植物工場の需要増につながっている。

DNPは、印刷技術を発展させたフィルム加工技術と微細加工技術を活用して、高い反射性から光を有効活用して農作物の光合成を促進。また、防汚性にも優れた「DNP反射フィルム リフレモ」を提供している。

今回、植物工場向けに、薄くて軽く、栽培装置の天面や側面などに設置可能なシートタイプの面発光LED照明であるDNPフレキシブルLEDシートの本格展開を開始する。高い反射性を持つDNPの反射フィルムと組み合わせて利用することで、農作物の育成向上が図れるという。

DNPフレキシブルLEDシートは、シート状のLED照明で、人工光利用型植物工場などの光源として使用できる。シートの厚みは約0.1ミリメートル(mm)と薄く、シートユニット1枚(560mm×390mmサイズ)の重量も100g未満と軽量。柔軟性があるため、栽培装置の天面や側面など多様な場所への設置が容易だ。また、光量は照明の20cm直下で250μmol/m2/sの光量子束密度(PPFD:photosynthetic photon flux density)があり、面発光で光均一性にも優れているため、光源下の栽培物の育成ムラや葉先枯れの発生の軽減が期待できる。

レタスやほうれん草などの葉物野菜の栽培にDNPフレキシブルLEDシートを使用した場合、従来の管状の蛍光灯・LED照明に比べて、栽培物の重量増や栽培期間の短縮など、生産性が向上。同社によると、例えば管状のLED照明と比較した場合、1.5~2倍の収穫量が得られたという。また、DNP反射フィルム リフレモを栽培棚の外周部に設置することで、光環境がさらに改善され、生育が向上したと説明する。

植物工場向けに薄くて軽いシート型の面発光LED照明を発売

カテゴリー: バイオ , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事