ドコモ、メタマテリアル反射板を用いて5Gエリアの拡大に成功

【リード文】 NTTドコモ(ドコモ)は、Metawaveと連携し、第5世代移動通信方式(以下、5G)の実現に向け、2018年11月29日に28GHz帯5G実験装置で構築された5Gトライアルサイト(東京都江東区)にて、メタマテリアル反射板を用いた5Gエリア拡大の実証実験に成功したことを発表した。


メタマテリアルとは、波長に対して十分小さい構造体を、アレー状に配置することで、任意の光学特性を有する人工媒質のことを指す。実証実験に使用したメタマテリアル反射板は、ドコモが設置場所の選定・ビーム制御方向などを検討し、Metawaveが設計、開発した。

5Gで利用が想定される高い周波数帯では、基地局アンテナの見通し外のエリア構築が難しく、解決策として電波の反射の活用が期待されている。これまで電波を反射させる技術として金属反射板があったが、反射波の角度のコントロールには電波の入射角の向きを踏まえて金属板の設置をする必要があるため、街中への設置が難しく、郊外における特定の用途に限定されていた。

今回、Metawaveが開発したメタマテリアル反射板は、波長に対して非常に小さな構造体をアレー状に配置し、配置場所によって構造体を異なる形状とすることで反射波の方向やビーム形状を任意に設計できる。ビル壁面などに設置し特定の方向に反射波を誘導する。これにより街中の設置場所も限定されることなく、高トラフィックエリアにおけるエリア拡大が可能となる。

実証実験では、5Gトライアルサイトにメタマテリアル反射板を設置し、5G基地局装置が設置されているビルの足元に5Gエリアを形成するための試験を、5G移動局を搭載した車両を走行させて実施。結果としてメタマテリアル反射板無しの場合にはスループットが60Mbpsだった足元のエリアが、メタマテリアル反射板からの反射波により560Mbpsとなり、良好な5Gエリアを35mの範囲で拡大できることを確認した。

世界初、メタマテリアル技術を適用した反射板による、28GHz帯の5Gエリア拡大の実証実験に成功

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事