AIチャットボットを活用し、銀行の利用者の利便性向上

JSOLは、筑波銀行、武蔵野銀行、阿波銀行、宮崎銀行(以下、システム導入行)向けに、銀行の利用者の利便性向上を目的とした、AI技術(人工知能)を活用した「対話型自動応答システム(以下、AIチャットボット)」の提供を開始した。

JSOLは、Automagiならびに共同版システムを利用する「じゅうだん会」参加行と共同で、AutomagiのAIソリューション「AMY」を活用した「対話型自動応答システム」の実証実験を実施してきた。

AMYは、Automagiが通信キャリア会社向けエージェント開発などで培ったAI技術・知見をベースに開発した、法人企業が抱える課題を解決するためのAIソリューション。人手・知識の必要な属人的な運用業務を、最新の機械学習技術を活用し、知識データベース化・過去事例の検索推定技術の提供、自動処理化を行うことで、企業の運用負荷を大幅低減・省力化する。

実証実験の結果、24時間365日銀行のユーザーからの問い合わせに対応でき、その利便性向上につながるとともに、最新のAI技術により回答精度の向上が継続的に可能との判断をシステム導入行から得られたという。当初は個人インターネットバンキングの問い合わせ業務から対応し、対応業務は順次拡大していく。

JSOLは、金融機関をはじめとした企業の様々な業務の自動化、省力化、高度化を実現するために、AI技術を活用したサービスの提供に今後も努めていくという。

筑波銀行、武蔵野銀行、阿波銀行、宮崎銀行へのAI技術を活用した対話型自動応答システムのご提供開始について

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事