AIを活用してきめ細かく業務内容を可視化、働き方改革を支援する新サービス

富士通は、多様な働き方の実現と従業員のワークライフバランスの向上に向けて、AI(人工知能)を活用した業務内容の可視化を実現する新サービス「FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard(フジツウ ワークプレイス イノベーション ジンライ フォー サンロクゴ ダッシュボード、以下、Zinrai for 365 Dashboard)」を販売開始した。


昨今、長時間労働の是正や多様な働き方の実現、ワークライフバランスの向上を狙いとして、働き方改革の取り組みが急速に進んでいる。このような改革を進める中で、どのような仕事に誰がどれだけ時間を費やしているかといった従業員の働き方の実態把握や生産性向上に向けた取り組みの効果を定量的に把握・検証する方法について、改善すべき課題も見えてきた。

富士通とマイクロソフトは2017年12月に協業の枠組みをAI分野にも拡大し、両社が持つAI技術やサービスを活用したさらなる働き方改革を実現するソリューションの共同開発を進めてきた。

Zinrai for 365 Dashboardは、マイクロソフトの「Microsoft 365」を利用することで「Microsoft Azure」に蓄積されたメールや文書のタイトル、スケジュールなどのビッグデータおよびPCの利用状況を、富士通研究所の研究成果が集約された「Zinrai」の自然言語処理技術と知識処理技術を用いて解析し、業務内容を分類し可視化するサービス。

どのような仕事にどれだけの時間を費やしているかを把握するため、業務内容を「作業」「対象」「テーマ」の3つの角度から解析。また、マイクロソフトの対話型データ視覚化ツール「Microsoft Power BI」との連携により、解析結果を可視化し、多角的な分析を可能としている。

これにより、現状の業務内容における課題を具体的に把握でき、さらに可視化された結果を活用することで生産性向上に取り組み、効果を定量的に把握・検証することが可能になるなど、導入企業の生産性や業務の質の向上を実現します。

同時に、導入支援や働き方改革に向けたシナリオ作成のコンサルティングなどの各種サービスと合わせ、サービスの導入から継続的な効果のモニタリングまで、ユーザーの働き方改革をトータルに支援する。

富士通はソリューション開発に先立ち、2018年7月から、AIによる日々の業務の分類・可視化の精度向上を図る社内実践を開始。具体的には、Zinraiを活用し、従業員約2000人の「Microsoft 365」のデータやPCの利用状況から、従業員ひとり一人がどのような作業を、どのような目的で、誰と行っているかを軸に業務内容を分類。どのような仕事にどれだけの時間を費やしているかを可視化し、さらにダッシュボードで分析、評価した。

先行トライアル部門では、課題として見えてきた会議やコミュニケーションスタイルの見直しに取り組み、一人当たり平均で43分/日の時間を創出。企画業務などにより注力することが可能となり、業務全体のうちコア業務の割合を16%増加させたという。

Zinrai for 365 Dashboardは、1ID当たり月額1,200円から提供される。

AIを活用した働き方改革を実現する「Zinrai for 365 Dashboard」を販売開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事