LINE、Beaconを利用した位置連動型リアルタイム調査を開始

LINEは、自社が保有する445万人という国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、新たに「LINE Beacon」を利用した位置連動型リアルタイム調査「ビーコン調査」の提供を開始した。


LINEリサーチでは、「LINE Beacon」を利用した、通行人や、イベント参加者等を対象に調査を行うことが可能な位置連動型リアルタイム調査「ビーコン調査」の提供を新たに開始した。LINE Beaconは、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」上で、街中に設置されたBeacon端末からの信号情報と連動して、ユーザーとコミュニケーションを行うことのできるサービス。

ビーコン調査では、イベント会場や店舗、街頭広告、交通機関などにてLINE Beaconを設置し、その場にいる人に限定してLINEアプリへアンケートをプッシュ配信する。LINEアプリを使うことにより、専用アプリのインストールやQRコードの読み込みといった手間を省き容易に参加できるため、イベント、キャンペーンの一環としてアンケート調査が可能となる。

企業はイベント会場や店舗の好意度・認知経路・来場/購入意向理由の把握や、広告の認知度・利用経験・好意度・利用意向などの広告効果を把握できる。また、ビーコン調査ではLINEリサーチのモニターに限らず、その場にいるLINEユーザーへのアンケート実施が可能。普段アンケートに回答しない、モニターとは違った層からの回答も見込める。位置連動型のため、回答者がその場にいることを前提とした項目の設置が可能で、また、回答者も実際にその場で回答を行うため、鮮度やリアルタイム性の高い回答が期待できるという。

【LINEリサーチ】LINE Beaconを利用した位置連動型リアルタイム調査「ビーコン調査」の提供を開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事