テレビ東京とドコモ、柔道グランドスラム2018をVR空間で楽しめる実証実験

テレビ東京ホールディングス(テレビ東京HD)と、NTTドコモ(ドコモ)は、「柔道グランドスラム2018」において、第5世代移動通信方式(以下、5G)を利用した、VR空間内でのスポーツ観戦と観戦者同士のコミュニケーションを楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を実施する。


実証実験で実施する「VRソーシャルビューイング」では、ドコモが開発した「VRアバターコミュニケーションプラットフォーム」により、試合会場と離れた場所にいる観戦者がヘッドマウントディスプレーを装着し5Gを通じてVR空間へ参加することで、VR空間内でのトークライブや参加者同士でのコミュニケーションを楽しみながら、VR空間内に設置されたディスプレーを通じて、スポーツ中継映像をリアルタイムで楽しむことができる。

VR空間内へ投影する映像は、会場内の四つの試合場や練習場などの様々な地点や角度から撮影した最大16台のカメラの映像で、高速・大容量が特長の5Gを活用して送信する。観戦者は、VR空間内で最大16画面の映像から、見たい映像を選択して観覧できる。

映像の一部には、パナソニックの8K AI搭載カメラシステムを使用。固定した高解像8Kカメラ1台の映像から、AIにより被写体を認識して自動追尾とサイズ調整を行い、自動で複数のHD映像を切り出す。

VRソーシャルビューイングの模様は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で無料同時配信する。

「柔道グランドスラム2018」で5Gを活用してVR空間内でスポーツ観戦を楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を実施

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事