生産現場の「見える化」で工場内のデジタルトランスフォーメーションを促進

東日本電信電話(NTT東日本)は、農業向けIoT(モノのインターネット)に続く「おてがるIoTシリーズとして、工場向けIoTパッケージを2018年11月21日から提供開始する。作業工程の見直しや従業員のスキル継承など、現場の「生産性向上」「作業の省力化」「人材育成」を支援する。


工場向けIoTパッケージは、センサー装置やネットワークカメラなどのIoTデバイスと、データ可視化用のIoTクラウド、IoTセキュリティ、IoTゲートウェイであるWi-Fiに加え、それらの運用サポートをセットにしたもの。

製造機械に付く信号灯の状態を検知するセンサー装置にて、機械の内部に手を加えることなく、工場内の製造機械の稼働時間、異常停止時間、生産数などを自動収集する。また、異常停止時にはアラートを通知するとともにネットワークカメラで録画した前後5分間の映像を確認できる。

今まで生産現場で目視でしか気付けなかった、製造機械が何らかのトラブルにより短時間の停止を起こす「チョコ停」などに、タイムリーに対処することが可能となる。現場巡回作業の低減による省力化にもつながるという。

センサー装置やネットワークカメラで自動収集したデータはクラウド上に保管。収集データを工場の外からでも確認でき、工場内の事務所などにサーバを設置する必要もない。さらに、セキュリティ機器を活用することで、セキュアに収集データをクラウド上にアップロードすることや、工場内ネットワークへの外部からの不正アクセスを防ぐことも支援する。

さらに、IoTゲートウェイとしてWi-Fiを導入することで、センサー装置やネットワークカメラだけでなく、スマートフォンやタブレット、デジタルサイネージなどを活用できる。各種機器やネットワークなどに関するトラブル時の対応をNTT東日本に任せられる。IT専任者の確保が難しい企業でも安心して利用できる。また、IoTクラウドからCSVデータを抽出・ビジュアル化し、NTT東日本からレポートを提供する。

初期費用は、132万円、月額利用料は2万9,900円(いずれも税別)。

生産現場を「見える化」できる工場向けIoTパッケージの提供について


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事