固体/液体界面の電気二重層を真空中で精密解析

理化学研究所(理研)は、固体/液体界面の「電気二重層」の状態を溶液中および真空中で精密に測定できる複合システムを開発したことを発表した。プラスの電極の近くに陰イオン、マイナスの電極の近くに陽イオンがそれぞれ多く分布する厚さ1ナノメートル(nm)程度の層状態のことを指す。


理研 開拓研究本部Kim表面界面科学研究室のレイモンド・ウォン特別研究員、横田泰之専任研究員、金有洙主任研究員らの共同研究グループが開発。研究内容は、米国の科学雑誌『Journal of the American Chemical Society』電子版に掲載された。

これまで固体電極とイオンが溶けた電解質溶液の界面(固体/液体界面)で進行する電気化学反応について、多くの研究が行われてきた。電気二重層では、界面近傍には大きな電位差が生じる。これを利用して、電子の授受を伴う様々な電気化学反応(酸化還元反応)が進行することが知られている。

今回、研究グループは、既存のその場計測またはオペランド計測では解明が難しい、イオンの大きさ程度しかない厚さ1nmの電気二重層の詳細を解明するため、溶液中の電気化学反応と真空中の光電子分光を同一試料で計測できる複合システムを開発した。

このシステムを用いると、「溶液中の電気化学測定→電極の引き上げ→真空中の光電子分光測定」を繰り返し行える。電気化学測定では、電気二重層において酸化還元反応がどれくらい進行したかが分かるのに対し、光電子分光測定では、どの元素がどのような状態で存在するか、分子はどれくらい酸化されやすい状態か、印加電位が保持されているかといった重要な情報を得られる。

溶液から引き上げた後の電極が電気二重層の情報を保持しているかを検証するため、溶液中で印加電位に応じて酸化還元反応を示す「フェロセン」という錯体分子をプローブとして電極に固定して、電気化学測定と光電子分光測定により化学的な状態を追跡した。

研究では、電気化学測定と光電子分光測定ができる複合計測システムを用いることで、真空中においても固体/液体界面に形成される電気二重層が保持されることを示した。研究グループによると、この検証実験の最も重要な成果は、溶液中で起こる電気化学反応の詳細を真空中で精密解析することに意義があると見いだしたことにあるという。

今後、蓄電池や電気二重層キャパシタなどの電気化学デバイス、二酸化炭素還元の電極触媒などの開発において、より高効率な設計を行う指針を与えると期待できるという。

固体/液体界面の電気二重層を真空中で精密解析

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事