アグリヒーリングの効果を生体センサーで測定

順天堂大学とNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、農作業を行うことでストレス軽減を実現する「アグリヒーリング」の効果を医科学的に確立した手法をより広く普及させるため、ウェアラブル生体センサー「hitoe」をはじめとするICTを活用したストレス測定システムの開発を行う実証実験を2018年11月16日に開始する。


近年、日本の精神疾患の患者数は、従来の4大疾病(悪性新生物、糖尿病、脳血管疾患、虚血性心疾患)の患者数を上回り、2014年度度には約400万人に達している。また、精神疾患患者の年間医療費は医療費全体の約6.5%に相当する約1兆9,000億円に上る。社会的・経済的な損失、医療費負担は非常に深刻化している。

精神疾患の要因に上げられるストレスは、職場や家庭などの環境を問わず発生し、人々はストレスを無意識のうちに蓄積している傾向にあるという。このようなストレス社会においては、ストレスを自分自身でコントロールする手法や軽減する環境の創出が重要だ。

順天堂大学は、一次予防手法として着目する「アグリヒーリング」などの園芸療法において、心理負担の緩和によるストレス軽減効果の定量・数値化に近年取り組み、具体的な成果を確認している。

ストレス軽減効果は、アグリヒーリング参加者の唾液から採取するストレスホルモンを計測して判定しているが、唾液採取キットが高価で、かつ取り扱いに制約があり、参加者が抵抗感を抱くこともある。このため、アグリヒーリングのストレス軽減効果を医科学的に証明しても、会社や学校などで取り組まれているストレス対策プログラムとして活用されにくいという課題があった。

今回、順天堂大学は、ストレス軽減効果の可視化を唾液採取ではない手法で、より簡易かつ高精度に実現するため、「DX Enabler」としてICTを活用した社会問題の解決や企業のビジネス変革を行うデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しているNTT Comと共同で実証実験を実施する。

両者は、NTT Comのhitoeと「データ流通プラットフォーム」を活用して、アグリヒーリングによるストレス軽減効果を医科学的に可視化する測定システムの開発に取り組む。具体的には、順天堂大学がhitoeで自律神経をリアルタイムに計測する手法を検証し、得られた自律神経などのデータを分析するストレス軽減効果の高精度かつ簡易な計測手法とそのアルゴリズムを確立する。

NTT Comが、アルゴリズムを反映するソフトウェアを開発し、データ流通プラットフォームに組み込むことで、hitoeから得られた自律神経などのデータからストレスを可視化する。また、ストレス可視化アプリケーションを開発することで、スマートフォンやタブレットでリアルタイムにストレス軽減効果を確認する。

この実証実験により、今後は唾液採取ではなく、hitoeから得られるデータをデータ流通プラットフォーム上のアルゴリズムで分析することで、ストレス軽減効果の医科学的な根拠データとしての有効性を見出し、この測定システムを用いたアグリヒーリングを精神疾患予防と将来的な治療への活用を目指す。

順天堂大学とNTT Comが農作業によるストレス軽減に関する実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , バイオ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事