GPSとプライベートIoTネットで駅伝走者を把握

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術の産業および社会への展開が進んでいる。近年、地域活性化の取り組みの一つとして、駅伝・マラソン大会や自転車レースなどのスポーツイベントが活発に開催されている。


なかで、選手の位置情報を即座に可視化することにより、「遠隔でも特定選手を応援できる」とか「競技に戦略性を生む」など、スポーツの新しい楽しみが方が拡がっている。一方で、高頻度かつ的確な位置情報の把握を要する駅伝やマラソン等、自走競技の公式大会へのIoT導入では、装着デバイスが重い等の携行面、ネットワークやシステム構築等のコスト面が課題になっているという。

NTT西日本は、ICT(情報通信技術)を活用し、省電力かつ高頻度で位置情報を把握するためのプライベートLoRa®網と、選手が携行しても支障がないレベルで小型・軽量化したデバイスを活用した走者位置情報把握技術を開発。宮崎県中学校体育連盟の協力のもと、その技術検証を行う。

プライベートLoRa®による無線ネットワークは、LTEに比べて省電力、かつ端末毎の回線契約が不要なため低コストで導入が可能であり、LTE/3G等無線通信が届かないエリアであっても、中継機・親機を設置することで利用シーンや大会規模に合わせた柔軟な構成ができるという。そしてこのネットワークとGPSを掛け合わせた小型端末は、タスキに入れても支障が無いサイズ(縦横約50mm、幅約13mm)で、 重量は約23g。

上記端末を携えて走る選手の位置情報データがネットワーク経由で地図表示サーバーへ送信される。チーム関係者や応援者は、選手のリアルタイムな位置を地図上で自身のスマホやタブレット、PCのWebブラウザーで閲覧し、ネット環境さえあれば、いつ、どこにいても応援できるという。技術検証は今月11日、「第69回男子・第31回女子 宮崎県中学校駅伝競走大会」にて実施される。

Private LoRa®ネットワークと小型化・軽量化したデバイスを活用した走者位置情報把握技術の開発と検証について|

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事