マルチクラウド環境の統合マネージドサービスを提供、CTC

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、オンプレミスを含むマルチクラウド環境のインフラ基盤と運用支援サービスを一元的に提供する統合プラットフォーム「'CUVIC' Managed Multi-Cloud Platform」(以下、'CUVIC' MMCP)を提供開始した。製造業や流通業などを中心に販売し、サービス全体として3年間で40億円の売り上げを目指す。


'CUVIC' MMCPは、オンプレミスを含むマルチクラウド環境の構築と、システム全体の監視、バックアップ、セキュリティ対策などの包括的なマネージドサービスを合わせたもの。インフラを提供するクラウド基盤サービス「CIS(Cloud Infrastructure Service)」、マルチクラウド環境のSI・運用サービス「CCS(Cloud Cover Service)」、ユーザー窓口となる「CMS(Cloud Management Service)」の3つのサービスで構成する。

クラウド基盤サービスのCISでは、「Oracle Database」をはじめとした各種サービスを統合した企業向けのクラウドサービス「Oracle Cloud」、AWS上でVMwareの仮想基盤が運用できオンプレミスとのスムーズな連携を実現する「VMware Cloud on AWS」に加え、CTCのクラウド「TechnoCUVIC」が使用できる。オンプレミスなシステムの構築を含めて柔軟なハイブリッド環境を構築する。

また、SI・運用サービスのCCSでは、オンプレミスからクラウドへの円滑な移行や監視、バックアップを含めた運用支援に加え、異なるクラウド間の移行サービスも提供。ユーザー窓口となるCMSでは、24時間365日対応のサービスデスクやユーザーポータルを提供している。

デジタル社会の急速な発達に伴ってシステムの多様化が進んでおり、オンプレミスとクラウドを併用する企業が増加。オンプレミスからクラウドへの移行や両環境のスムーズな連携を実現するためには各システムに精通する必要があり、運用の標準化や体制の整備といった課題がある。

CTCは、既にマルチクラウド環境での大規模なシステム構築実績があり、長年の運用サービスやクラウドサービス、セキュリティサービスなどの提供から得たノウハウを活かして、'CUVIC' MMCPを提供していく計画だ。

マルチクラウド環境の統合的なマネージドサービスを提供開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事