アパレル向けAIソリューションシステムを提供、Liaroが6,000万円の資金調達

Liaroは、ディープコア(以下、DEEPCORE)が運営するVCファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」と、東京大学 松尾 豊研究室の関係者が中心となって運営するVCファンド「Deep30投資事業有限責任組合」(以下、Deep30)から、総額6,000万円の資金調達を実施した。


Liaroは、AI(人工知能)技術を活用し、アパレル業界における全ての意思決定を科学することを目指し、ファッションテックに注力した事業展開を行っている。1年以上の研究開発を通して、1,000万枚以上の画像と画像に付与された3,000万以上の教師データを蓄積し、高い精度のアルゴリズムを開発。

現在は、アパレル向けソリューションとして、AIを活用した商品の紹介テキスト自動生成システム、類似商品レコメンドエンジン、アパレル商品自動タグ付けシステムなどを提供している。

アパレル業界は、国内だけで約9兆円の巨大な市場。一方で、商品の約50%は売れ残る前提で販売されており、在庫だけで数兆円規模に達するという大きな課題があるという。背景には、消費者に届くまでの商流が長く、売り上げなどの細かいデータが分断されていることや技術活用が十分に進んでいないことなどが挙げられるす。

この課題を解決するため、アパレル業界各社は、AIを活用した様々な取り組みを行っている。しかし、AIを活用する場合、リアルタイムで大量のデータを活用する必要があるため、データ基盤の整備によるデータのシームレス化が重要となる。IT企業以外がこれに取り組むのは極めて困難だ。そこでLiaroは、アパレル業界におけるAI導入の促進を目指し、アルゴリズムの実装だけでなく、データのシームレス化に向けたデータ基盤の開発までトータルに提供していく計画。

Liaro、DEEPCOREおよびDeep30から資金調達を実施


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事