シャア・アズナブルのような肉体になれるマッサージチェアを販売開始

マッサージチェアのトップメーカーであるファミリーイナダは、AI(人工知能)技術を搭載したマッサージと健康管理ができる次世代型マッサージチェア「ルピナス」の新モデル「ルピナスROBO」を2018年12月中旬ごろに販売開始する。機動戦士ガンダムの機動戦士ガンダムの人気キャラクター「シャア・アズナブル」とのコラボレーションにより、「シャア専用ルピナスROBO」も同日から発売する。


ルピナスROBOは、56年の研究開発によって生まれた独自開発の指の関節を再現した人工知能メカ8台を搭載。今までできなかった「引きもみ」を可能にした。同社によると、まるで人の手でもまれているかのような自然な動作で「つかみモミ」が体験できるという。

また、一人ひとりにあった気持ちよさを実現するために、こりの硬さの違いを分析。こっている部位は深くゆっくりマッサージをし、ほぐれている部分はリズミカルにマッサージする。

さらに、付属のタブレットへ身長・体重を入力することで、一人ひとりの体型に応じて施術を変更。足のサイズを入力することで、足先からかかとまでしっかりとマッサージする。

ルピナスROBOはマッサージの要素だけではなく、厚生労働省が提唱する健康づくり3大要素「運動・栄養・休養」に基づき開発された「365日24時間管理健康システム」、また一人ひとりに健康アドバイスを送る「AI健康アドバイザー」が搭載されている。

マッサージチェアを中心に付属のタブレットに通信機能を搭載。ウェアラブルデバイスとの同期やスマホアプリとの連携により、リアルタイムに身体の情報をクラウドに蓄積し、運動・栄養・休養の3大要素をルピナスネットワークで実現する。

加えて、専用アプリ「ルピナス見守り365」と連動し、家族の健康データの閲覧や病気を未然に防ぐアラームを受け取ることができる。

付属品であるウェアラブルウォッチ「アクティブメジャー」を毎日付けているだけで、血圧や脈拍、歩数、距離、消費カロリー、睡眠度などを計測。活動量や睡眠度から専用のアプリ「ルピナスリンク365」上へ年齢・性別に応じた個別アドバイスを行う。

栄養面に関しては、定期的にオススメのサプリメントを表示。管理栄養士からの定期的なアドバイスを提案する。また、ルピナスROBOがAIクラウド上の健康情報を分析して、その人にあった最適なマッサージを行うという。

付属のタブレットへ一度顔を登録すると、2回目以降顔認証にてユーザーログインが可能になる。コース中にルピナスROBOと対話ができる「対話モード」を搭載。マッサージを強く・弱くなどユーザーの音声を認識し、要望に合わせることも可能だ。

Wi-FiモデルとLTEモデルを用意。Wi-Fiモデルが一月当たり9,800円(税別)/60回、LTEモデルが1万800円/60回となっている。

また、モビルスーツのコックピットを彷彿とさせる「シャア専用 ルピナスROBO」は、毎日乗ってもらうことでシャアのような「精神的な健康」「肉体的な健康」を支えるという。Wi-Fiモデルが一月当たり1万500円(税別)/60回、LTEモデルが1万1,500円/60回となっている。

AI搭載の次世代型マッサージチェア ついに人間の手も超える 新しい健康管理ギアが登場

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事