国内データセンター向けネットワーク機器市場は、マイナス成長市場、IDC予測

IDC Japanは、データセンター向けイーサネットスイッチとアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC:Application Delivery Controller)から成る国内データセンター向けネットワーク機器市場の2017年の実績と予測を発表した。今後はマイナス成長市場に。2017年~2022年の年間平均成長率マイナス1.2%となると予測する。

製品分野別に見ると、データセンター向けイーサネットスイッチ市場は、2017年にパブリッククラウドサービス向けや企業の更改需要によって前年比17.7%の大きな成長を達成した。

今後も、パブリッククラウドサービス事業者を始めとするハイエンドデータセンター事業者によるデータセンター拡充を受けて、イーサネットスイッチ需要は旺盛であるとみている。一方で、100Gbイーサネットを始めとする今後の主要速度/技術におけるポート単価の下落も著しく、市場規模の拡大は抑制され2017年~2022年のCAGRはマイナス1.8%と予測している。

2017年のADC市場は、前年を大きく下回った。2017年の前年比成長率はマイナス17.1%で、市場規模も203億円と2010年以降で最も低い市場規模となった。ADC製品の性能向上に伴って、一般企業を中心に購入単価が低下していること、パブリッククラウドサービスが提供するサーバー負荷分散機能の利用によって現在定義するADC市場の外へ需要が流出していることが、市場の低調さにつながっているという。今後もこうした傾向は続き、国内ADC市場は2017年~2022年のCAGR0.5%とほぼ横ばいと予測する。

また、データセンター向けイーサネットスイッチ市場のベンダー動向を見ると、同市場をリードし続けているシスコシステムズは、大企業を中心とする広い顧客基盤を生かして売上、シェア共に伸ばした。また、急速な成長を続けるアリスタネットワークスは、2017年にはついに国内第2位にまで浮上。クラウド事業者や大規模Webサービス提供事業者を中心に、汎用性/オープン性とベンダー製品としての信頼感の両立といった側面で支持されているとIDCではみている。

企業のパブリッククラウド活用が進む中で、データセンター向けネットワーク機器市場においても、メガクラウド事業者の影響力が強まっている。需要家としての価格決定力だけでなく、データセンターネットワーク技術の牽引役としての力も高まっている。

「データセンター向けネットワーク機器ベンダーは、クラウドシフトとメガクラウド事業者の影響力拡大に即した製品戦略、技術戦略に転換すべきである。また、データセンターネットワークの技術的ヘゲモニー争いにおいても、ライバルはメガクラウド事業者であるという意識の下に、主導権維持に努めるべきである」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーである草野 賢一氏は述べている。

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向を発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事