IoT 活用に必要なモノ・データ・ヒトを統合的に管理

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、「IoT活用に必要なサービスをつなげる」をコンセプトとしたプラットフォームサービス「IoT Core Connect(アイオーティーコアコネクト)」の提供を開始する。サービスを活用してメーカーやBtoBサービスを提供する企業などのIoTのビジネス化を推進していくパートナーを広く募集する。


サービスは、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で、エッジコンピューティングを含むIoT、AI(人工知能)を連携し、IoT活用に必要なモノ・データ・ヒトを統合的に管理するサービスをシームレスに提供。メーカーやBtoBサービスを提供する企業などのIoTのビジネス化を実現する。

豊富な導入実績があるMicrosoft AzureのIoTサービスを活用し、IoT機器の管理や収集したデータの管理・可視化をワンストップで提供する基本機能に加え、フィールドサービスやファシリティマネジメントなどの業務別テンプレート、AI、OTAアップデート、セキュリティなどの各種サービスと連携する拡張機能で構成される。

IoT機器の固有情報を入力し、登録ボタンを押下するだけで、簡単に機器を登録。デバイス管理の一覧では、機器の状況(起動中・停止中・故障)も確認できる。センサーから収集した情報が蓄積されたデータベースや機械学習用データなどをデータセットに追加できる。データ可視化機能として、様々なグラフやリストが用意されており、開発なしで自社独自のレポートを作成。作成したレポートはワンクリックでいつでも最新の状況を確認できる。

IoT機器の管理対象数の増加や収集データの増大に伴う拡張性や導入コスト、操作性のバランスを取りながら、クラウドやセキュリティの拡張拡充が可能。顧客ごとの要望に応じたアプリケーションの開発やMicrosoft Azure上の様々なアプリケーションとの連携も図れる。

モノやサービスとIoTを連携するプラットフォームサービス提供開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事