30代以上の女性が理想とするインテリアに関する調査結果を公表

「もっと豊かで快適な暮らしのために」をテーマに、インテリア文化を育んできたシンコールインテリアは、全国1000人の30代以上の女性を対象とした「理想のインテリアに関するアンケート」を実施。調査結果を公表した。本調査では「理想とするインテリア」の他、「カーテン」「壁紙」に関する調査も実施している。


この調査は、2018年9月12日~18日の期間、全国1000人30代以上女性を対象としたインターネットで実施された。

理想のインテリアスタイルでは「シンプル」「ナチュラル」が多く選択され、「ナチュラル」「モダン」「シンプル」の合計が「特になし」を除くと70%を占めた。また、壁紙を選択する際のポイントとしては、デザイン性と共に「汚れに強い」「傷に強い」などの機能性が求められていることが分かった。年代が上がるにつれ、カーテンに対して質感・素材を求め、30、40代はデザイン性を求める傾向にあることが示された。

シンコール「理想のインテリアに関するアンケート」調査結果を公開


カテゴリー: 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事