Webアプリフレームワークと先進ITを連携、仕事をデジタル変革

昨今、市場ニーズの変化が著しい。多様化し複雑化する物事への対応を進める企業では、あらゆる業務プロセスにおけるデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいる。従来の人や紙などによるアナログ処理をデジタル方式に転換して自動化し、組織の競争力を高める動きが広がっている。


そのためには、IoT、OCR、RPA、AIなどのデジタル技術を柔軟に業務プロセスと融合させることが必須となる。が、これら先進ITの導入では、事前に個別の接続・動作検証などが必要となり、完了までに専門技術者の高いスキルおよび長い稼働を伴う課題があったという。NTTデータ イントラマートは、Webアプリケーションフレームワーク/業務改善プラットフォーム「intra-mart」と連携するデジタル技術を「intra-mart BIORA™」としてブランド化、ソリューションサービスを展開する。

顧客業務のデジタル変換(DX)をシームレスかつスピーディに実現するという。同社は、企業全体の業務プロセスの可視化・効率化と高い業務生産性を実現するBPM/ワークフローを強みとしていて、6,000社を越える顧客の業務改善や働き方改革をサポート――各種業務を一気通貫でつなぐ基盤にデジタル技術を連携させて、さらなる業務オペレーションの自動化を実現している数多くの事例とノウハウを有している。

そして今回、上記ノウハウを集約し、汎用的なソリューションとした。「intra-mart BIORA™」では、事前検証済のIoT、OCR、RPA、AI技術を業務プロセスに素早く導入できるようにしていて、ユーザーは同ブランドを構成する「IM-IoT」「IM-OCR」「IM-RPA」「IM-AI」を柔軟に組み合わせながら、業務プロセスのさらなるデジタル化・自動化を実現する。

DXプラットフォームの積極的な提供により、同社は顧客の競争優位性の確立に貢献するという。

業務プロセスの自動化を促進する「intra-mart BIORA™」を発表

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事