IoTシステムなどの主電源に活用できる「コイン形リチウム電池」を開発

村田製作所は、コイン形リチウム電池のラインアップに、「大電流タイプ」と「準耐熱タイプ」を新たに追加し、サンプル出荷を開始した。量産品の出荷は2019年1月を予定している。これまでは「標準タイプ」と「耐熱タイプ」の2タイプを提供していた。近年高まっている用途の多様化やニーズに対応することが目的。


IoT(モノのインターネット)や車載用機器、FA(Factory Automation)の分野でコイン形リチウム電池の使い方が多様化している。従来のコイン形リチウム電池は、主にバックアップ電源用として使われていたが、近年では主電源用としてのニーズが高まっている。
村田製作所では、こうしたニーズに対応するように長年培ってきた耐熱技術・利用率改善技術を活かし、これまでの「標準タイプ」と「耐熱タイプ」に加えて「大電流タイプ」と「準耐熱タイプ」を新たに開発した。

大電流タイプは、「LoRa」、「Sigfox」といったLPWA(Low Power Wide Area)通信方式を採用する物流・資産管理のためのトラッキングデバイスや、屋外インフラ・FA制御機器・環境監視センサーなどへの採用を想定している。

また、準耐熱タイプは、車載デバイスや屋外IoT機器(スマートメーターやFA制御機器)を主な用途として想定しているほか、従来の円筒形電池の代わりとしても使用可能だという。

大電流タイプは、最大パルス放電電流が従来比で約2倍(50mA)。従来は困難だったピーク電流の高い「LoRa」などのLPWA通信機器にも使用可能だ。また、放電時間が従来と比べ約3倍であり、電池の交換頻度の削減が図れるという。

準耐熱タイプでは、電子部品やICへ対応するため使用温度範囲を拡大。85℃で100日以上保存した場合でも、標準タイプと比べて高電圧を維持できる。耐熱タイプに比べて価格を抑え、性能・コストのバランスに優れたモデルとなっている。さらに、コイン型リチウム電池では最大容量で、電子機器の小型化・薄型化にも貢献できると説明する。

IoT機器に適したコイン形リチウム電池「大電流タイプ」と「準耐熱タイプ」を開発


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事