開発言語COBOLをJavaに変換し、レガシーシステムのデジタル化を支援

NTTデータはジェイ・クリエイションと、既存システムの基盤集約・クラウド移行を実現するアプリケーション移行サービスを提供するため、2018年10月11日に協業開始することで合意した。


このサービスは、ジェイ・クリエイションが提供する安心・安全にCOBOLをJavaに変換することが可能な移行サービス「VENUS(ビーナス)」をNTTデータが提供するアプリケーションフレームワーク「TERASOLUNA(テラソルナ) フレームワーク」上に組み込むことで実現している。

COBOLとJavaが混在する既存システムの基盤集約が可能となり、クラウド対応のTERASOLUNAフレームワーク上にアプリケーション資産を移行することで、クラウド移行ができる。さらに、変更頻度の高い既存アプリケーション資産の保守効率化を狙った再構築(リファクタリング)に、生産性向上可能なTERASOLUNA開発ツールを利用できるようにする。

また、NTTデータのシステム基盤構築のノウハウやオフショア体制を活用し、効率的かつコストを抑えたサービスを提供することで、さらなるビジネス展開を図っていく。今後NTTデータは、生産性向上可能な「TERASOLUNA開発ツール」の活用とサービスをユーザーに提供することで、2020年度末までに50億円の売上高を目指す。

これまで企業が保有するIT資産は、COBOLやJavaなどの開発言語が混在することにより、システム基盤ごとに運用管理者の確保が必要など、コスト面での課題があった。また近年では、デジタル化が進むにつれて、システムの基盤集約やクラウド移行するニーズが高まってきている。

NTTデータは、これらの要望に対応すべく、開発言語として多く利用されているCOBOLをJavaに変換することで、システム基盤集約やクラウド移行を実現するアプリケーション移行サービスの提供を開始することにしたという。

開発言語COBOLをJavaに変換し、システム基盤集約・クラウド移行を実現


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事