新しい車両運動制御技術をマツダ「CX-5」に適用

日立オートモティブシステムズとマツダは、マツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」第二弾である「G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus、以下、GVC Plus)」を共同開発した。


GVC Plusは、日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール(以下、GVC)」の進化技術だ。

GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を図る。GVC Plusは、日本市場で予約受注を開始するマツダ「CX-5」の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載される。

今後も日立オートモティブシステムズは、このような自動車の安全性や快適性を向上する自動車機器システムの開発を強化し、自動車メーカーの魅力あるクルマづくりに貢献していきたい考え。

日立オートモティブシステムズとマツダ、新しい車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス」を共同開発

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事