月々ワンコインで使える、子どもの見守りサービス

NTTデータとビーサイズは、GPSを活用した子どもの見守りサービス「GPS BoT」の提供に関する業務提携を行うことで合意した。NTTデータの「FairCast学校連絡網サービス」のラインナップとして提供し、既にサービスの利用申し込みが行われている。


昨今、多くの子どもが、塾や習い事の掛け持ちやスマートフォンの所持により、一人で外出する機会が増加し行動範囲も広がる傾向にある。一方で育児と仕事を両立している保護者の増加に伴い、子どもの安全・安心に備えた見守りサービスへの需要が高まっている。

これまでのGPS見守りサービスでは、保護者が子どもの位置情報を都度手動で検索する必要があり、仕事や家事を行いながらの状況把握に課題があった。NTTデータでは、これまで、1,000校37万人が利用するFairCast学校連絡網(2018年9月末時点)を通じて子どもたちと家族の安心を守る仕組みを提供してきた。今回、上記の課題解決のため、FairCast学校連絡網のラインナップにGPS BoTを追加する。

GPS BoTは専用端末を使い、高精度で子どもの現在地を捉え、保護者に通知するサービス。常時現在地を把握し、学校や塾など、子どもがよく行く場所をAI(人工知能)が自動で学習し、到着・出発をPUSH通知する。

クラウド上で位置を特定する高精度なトリプル測位エンジンを搭載。NTTデータによると、これまでのGPS見守り端末と異なり、一般的なGPSの電波だけでなく、周辺のWi-Fiアクセスポイントの電波や携帯基地局の電波もセンシングするため、従来のGPS端末では難しかった、屋内や地下での位置も特定することが可能だという。

また、過去1週間分の移動履歴も確認できるため、子どもの日常的な行動を把握することができる。AIが学習すると、そこに出発・到着した際に保護者のスマートフォンに自動で通知する。通常、1週間程度で自宅や学校を特定し、週1回の塾や習い事などは1カ月程度で学習できると説明する。

このサービスの端末料金が4,800円(税別、以下同)、月額利用料金が480円となっている。

子どもの安全をスマホでリアルタイムに把握 月々ワンコインで使える見守りサービスを提供開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事