作業現場と支援チームで情報共有、リアルタイム音声映像にて臨場感も

昨今あちこちで「働き方改革」を耳目にする。その実現には硬軟の変化を要するケースも多い。組織の常識や慣例、伝統文化の一新、労使双方が意識改革さえためらわずにいてこそ、ICT(情報通信技術)を軸にした仕組みによって、チーム力の強化や効率及び生産性の向上が図れる。


今どき「ガラケーしか認めない」ビジネスパーソン、業務でのスマホなどモバイル機器の利用を拒絶する人にはご退場いただくとして――。膝詰めの会議が必要なこともある。けれど、テレビ会議で大概の議題は片付く。2つの形式における決定的な違いは臨場感。その場の"空気"を参加者全員で十分にシェアできれば、現場と遠隔地でも、意思疎通と情報共有は確実になる。

今月9日、NECネッツエスアイは、同社の共創ワークソリューション「Zoom」とセイコーエプソン製スマートグラス「MOVERIO BT-350」を組み合わせて、作業現場と遠隔地からその現場を支援するスタッフをリアルタイム映像で結ぶICTソリューションの販売を開始する。現場支援ソリューションでは、狭帯域なモバイル回線でも高品質・高画質な音声・映像を提供し、臨場感溢れる映像を作業現場と支援スタッフの間でリアルタイムに共有できる。

作業現場で重要となる機器の状況や図面などを安定して共有できるほか、録画機能により作業の振り返りができ、現場作業の支援に加えて、技術者育成にも活用可能となる。Zoomは会議室IDを入力するだけで、複数の端末から映像・音声を共有――ひとりの支援スタッフによる複数現場の支援を実現する。

スマートグラス越しに支援スタッフから送信される映像・音声・資料などを確認しながら作業が進められる。双方向での状況共有によって、現場では確実な施工と効率性の向上、高品質な生産を行えるという。共創ワークソリューションZoomは17日~19日開催の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展予定だ。

NECネッツエスアイ、共創ワークソリューションZoomとスマートグラスを組み合わせて現場作業を支援

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事