食品製造業における工場改革を支援

マルハニチロは、安全で安心な製品を提供するためのデータ統合管理基盤「新生産管理システム」を、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)と構築し、キヤノンITSと東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は食品製造業における工場改革を支援するシステム構築を推進すると発表した。


マルハニチロは「世界においしいしあわせを」をグループスローガンとして掲げ、本物・安心・健康な「食」を提供する企業として、多彩な食品事業をグローバルに展開している。2018年から今後4年間で取り組む中期経営計画「Innovation toward 2021」では、企業価値の向上と持続的成長をテーマに長期経営ビジョンの実現に向けた3つの経営戦略として「収益力の更なる向上」「成長への取り組み」「経営基盤の強化」を発表。

経営基盤の強化では成長投資を積極的に行い工場へのAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)の導入による生産効率の向上や省人化を目指している。その一環で2015年度からシステム開発を開始し、2017年に直営全工場のデータを一元管理したデータ統合管理基盤である新生産管理システムを構築した。今後はこの新しい仕組みをグループ全体に展開しグループ統合基盤に拡張する予定。

新生産管理システムでは、生産、原価、品質管理の仕組みとして「mcframe」を中核に据えていまる。また、工場全体を統制するために、製造・購買・品質の網羅的な指図出し機能や予算編成機能などを備えており、指図作成の補助機能として生産スケジューラ「Asprova」を採用した。

さらに、ミスを未然に防止し品質管理を強化する仕組みには「QITEC」を導入し。設備の保全に関しては、計画、実行、管理の機能全てを「AMISYS」で構築している。

キヤノンITSは、2015年から最適な業務システムパッケージを組合わせるベスト・オブ・ブリード型システムとして、製造業向けに基幹業務トータルソリューション「AvantStage(アバントステージ)」を展開。

今回のシステム導入では、AvantStageからmcframeとAsprovaを導入した。今後も今回のシステム構築・導入ノウハウを生かして、食品製造業が目指す安全で安心な製造現場の実現を推進していきたい考え。

具体的には製造業務モデルの見直し、業務のデジタル化、工場のスマートファクトリーによるデータ活用し、見える化・自動化・効率化を実現し、AvantStage事業をより一層強化していく。

また、2018年3月にAvantStageの中核をなすmcframeの開発元であるB-EN-Gに資本参画。これによりAvantStage事業を推進するための製品検討、人材育成、営業マーケティングを検討・実施するためのバーチャル組織を設置し、B-EN-Gとの戦略的アライアンス活動を実施し、基幹業務トータルソリューションであるAvantStageにおいて2021年までに売上高50億円を目指す。

マルハニチロが工場のデータ統合管理基盤をキヤノンITSと構築

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事