ハーゲンダッツ ジャパン、VDIの性能低下を解消

NVIDIA JAPANは、ハーゲンダッツ ジャパンが導入している仮想デスクトップ環境(VDI)の改善に向けて、NVIDIAの仮想デスクトップインフラ基盤を採用していることを発表した。


ハーゲンダッツ ジャパンでは、全社員のためにITを近代化するため、VDIを導入した。しかし、これにより、Web サイトの閲覧が大幅に遅くなってしまった。インターネットの閲覧は遅延が生じ、「Microsoft Excel」や「同PowerPoint」、「Outlook」といった「Microsoft Office」の業務アプリケーションの性能も影響を受けていたという。

生産性が低下する中、ハーゲンダッツ ジャパンでは、NVIDIA仮想GPU(vGPU)と「NVIDIA GRID 仮想化ソフトウェア」を搭載した、グラフィックスを高速化するVDIインフラ基盤を新たに導入することにした。

NVIDIA GRIDの512MBのプロファイルサイズによって、それぞれのユーザーは作業の種類に関わらず、優れたパフォーマンスと優れたエクスペリエンスを享受できるという。

ハーゲンダッツ ジャパンの情報システム部マネージャー、竹下 新一氏は、「性能は少なくとも10倍は向上しました。以前は当社Webサイトの商品ページを表示するのに本当に長い時間がかかっていました。現在、情報にアクセスするのもスムーズになりました。NVIDIAの仮想GPUが大きく貢献しています」と導入効果を語る。

ハーゲンダッツ ジャパン、NVIDIA GRIDの導入によって、社員の仮想デスクトップ環境が飛躍的に改善!


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事