いすゞ自動車、トラックの自動運転の実現を目指しAI技術に着目

NVIDIAは、いすゞ自動車が自動運転への技術的飛躍を遂げることを目的として、「NVIDIA DRIVE AGX」プラットフォームを活用していることを発表した。

軽量車両から重量車両まで、毎年、およそ60万台以上の商用車両を製造しているいすゞ自動車では、「NVIDIA DRIVE AV ソフトウェア スタック」とエネルギー効率に優れた「DRIVE」プラットフォームを導入している。

各センサーからの様々なタイプのデータを組み合わせ、多様性と冗長性の備わった、一連のディープラーニングアルゴリズムを実行させることで、最高レベルの安全と信頼性を実現することを目指している。これを実現するために、いすゞ自動車では、データ収集と検証を開始した。

安全な無人運転を実現するには、自動運転トラックが周囲の状況を完全に認識できるようになる必要がある。自動運転トラックが、他の自動車、トラック、歩行者、自転車、車両周辺の他の障害物を検知できなければならない。このような認識を行うには、カメラだけではなく、トラックの周囲に様々な種類の、数多くのセンサーを搭載する必要がある。NVIDIA DRIVE AGXは、安全な自動運転のためにアルゴリズムやアプリケーションをリアルタイムで実行する。

NVIDIA DRIVE AV ソフトウェア スタックは、自動運転のための堅牢な認識コンポーネントを提供。これには、物体検出およびトラッキングに必要なディープニューラルネットワークを含み、このベースソフトウェア上で自動車関連メーカーが独自のアプリケーションを開発できる柔軟性を持つという。

いすゞ自動車は NVIDIA DRIVE AGX を次世代トラックの開発に活用


カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事