IoTで作業員の健康・労務管理を支援――凸版印刷、ホシデンが開発

凸版印刷は、提供する位置情報と映像データによる労務管理サービスに加え、ホシデンが提供する生体センサー「MEDiTAG」を連携させて作業員の健康状態を把握できる「ID-Watchy Bio」を開発したことを発表した。


凸版印刷では、Bluetooth技術による位置情報とネットワークカメラによる映像データを組み合わせ、人や資材の動態を可視化し、作業員の労務状況を分析できるサービス「ID-Watchy(アイディーウォッチー)」シリーズを提供している。

今回、ID-Watchyに、ホシデン製のリストバンド型生体センサー「MEDiTAG(メディタグ)」を連携させることで、位置情報と映像データによる労務管理に加えて、作業員の健康状態を把握できる機能を追加した「ID-Watchy Bio(アイディーウォッチーバイオ)」を開発した。

近年、少子高齢化により労働人口が減少する中、長時間労働の是正をはじめとする働き方改革が求められている。そのような状況の中、企業が従業員の健康を重要な経営資源として捉え、健康づくりの推進を「投資」と考えて積極的に取組み、業績向上につなげていく健康経営の必要性が高まっている。

今回発表したサービスは、作業員が身に付けた生体センサーから、労働環境における作業員の位置情報、健康情報を取得。映像データを組み合わせて作業員一人ひとりの労務状況と健康状態を管理する。これにより、空調温度の調整や休憩時間のタイミングなどの具体的な労働環境の改善、人員の最適配置などを可能にし、企業の健康経営に活用できる。

ID-Watchy Bioでは、クラウド環境で記録した位置情報と映像を一元管理し、管理者は遠隔でも作業員一人ひとりの労務状況をリアルタイムに確認。作業員別の滞留時間や動線など、労務状況を分析できる。

また、MEDiTAGからパルス・転倒検知・ストレスレベル・歩数検知など作業員一人ひとりの健康情報を記録する。位置情報や映像データから分析した労務状況と健康情報を組み合わせて、適切な人員配置やケアを行うことで企業の健康経営に貢献できるという。

管理者は作業員の健康状態と行動、位置情報を連携したデータをリアルタイムで確認できる。そのため、危険な場所への立ち入りや現場での体調急変、転倒などの労働災害を事前に察知し、未然防止することが可能。

100人規模の事業所の場合、初期導入費用は150万円から。サービス使用料は月額10万円からとなっている。

凸版印刷・ホシデン、IoTで健康・労務管理


カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事