オフィスのMFPで

昨今さまざまな業種職場で「働き方改革」が推進されている。そのツールとしてICT(情報通信技術)を活用する。なかでも、あらゆるモノがネットにつながるIoT技術は「第4次産業革命」の種であり、クラウドコンピューティングと同様、利用シーンと採用分野が広がっている。

平成29年総務省調査によると、従業員100人以上の国内企業2,570社にてクラウドサービスの利用は2017年に56.9%となり、7年前の14.1%から大きく増加。その利用料も年々低価格化が進み、市場の拡大を後押ししている。こうした動向から、クラウドを基盤としたサービス市場は今後も成長を維持すると見込んでいる。

キヤノンは、オフィス向け複合機(MFP)について、クラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開する。今月3日、同プラットフォームで新たに機能を提供する新サービスとして、"uniFLOW Online Basic Scanningパック/Advanced Scanningパック"を発売する。

モバイル端末からの印刷や、スキャン文書にOCR(光学文字認識)や傾き補正などを行う画像処理およびMicrosoft Officeフォーマットへの変換処理、複数のMFP利用状況を一括管理できる機能なども付加できる。今回のサービスにはグーグルドライブなど外部クラウドの利用を可能にするコネクター機能も備わっている。

セキュリティーを確保しながら、複数のMFPやクラウドサービスを当該プラットフォーム上で統合し、MFPの機能拡張が可能となる。これにより、テレワークや在宅勤務、外出先での業務を想定したモバイル環境対応、スキャン業務の効率化、管理業務の負荷軽減など、オフィス業務を強力にサポートするという。

同社は今後も新機能を提供していくことで、最小限の投資で業務効率化を進めたい中小企業から大企業まで、多様化する業務に柔軟に対応していく構えだ。

オフィス向け複合機を機能拡張して働き方改革を支援 クラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事