ZMP、自動運転に向けたプラットフォームと継続的な技術サポートを表明

ZMPは、自動車関連メーカーが様々な自動運転車用製品を実際の自動運転車両上で開発・検証するための自動運転プラットフォームと、導入企業がこのプラットフォーム上で製品検証を継続的に実施できるような技術サポートの提供を開始した。

このプラットフォームと技術サポートを活用することで、自動車関連製品の開発者は、計画した自動走行をする実際の車両上での製品検証を行うことができるようになるという。

今回提供を開始する自動運転プラットフォームと技術サポートは、これまで自社で開発してきた自動運転技術に加え、顧客への自律移動技術の適用プロジェクトなどを通して蓄積してきたノウハウを、システムおよびサポートの観点で「自動運転車両システム」「遠隔管理システム」「継続的な技術サポート」の3つの要素にまとめて提供する。

自動運転車両システムは、公道での自動運転実証実験の実績を重ねてきた自動運転用車両「RoboCar」に自動運転コンピュータ「IZAC」を搭載し、高精度地図と組み合わせることで、指示したルート上で目的地に向かって単独で自動走行できる車両システム。現在、東京都事業として実施中の大手町~六本木間でのタクシーサービス実証でも活用されている。

遠隔管理システムは、走行中の自動運転車両がどのような状態にあるのか、車両から離れた場所から確認できる管理システム。走行シナリオを自動運転に精通しているエンジニアでなくても簡易に画面上で直感的に設定できる。

継続的な技術サポートでは、自社開発製品の検証に専念できるよう、ZMPが自動運転プラットフォームの範囲に関して運用を全面的に支援する。検証作業中のQA対応に加え、ZMPが独自に蓄積した自動運転の機能改善アップデート、また顧客の要望に応じた追加開発などを行う。

自動運転車用の製品開発に向けたプラットフォームを販売開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事