製造現場におけるIoTサービスの利用を強力に推進

日本システムウエア(NSW)とワークスモバイルジャパンとPTCジャパンは、製造業向けIoTサービスの提供において協業することを発表した。

今回の協業では、ワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINE「LINE WORKS」に、NSWが提供するIoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」およびPTCが提供するインダストリアルイノベーションプラットフォーム「ThingWorx」を連携させることで、製造現場におけるIoTサービスの利用を強力に推進することを目的とする。

Toamiは、IoT サービスを開発・構築するための専用プラットフォーム。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行える。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を支援する。

ThingWorxは、モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境において、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供する。

生産機器やセンサーなどから収集するデータに加え、計器等目視での確認が必要なアナログ情報やアンケートなども、担当者がLINE WORKSに入力することで情報を蓄積・一元管理が可能になる。

また、機器のエラーを検知した際には、LINE WORKSを通して作業員にアラートを通知。そのアラートに対する作業員同士の指示や報告といったLINE WORKS上のやりとりの履歴を保存し、類似のアラートが発生した場合には過去の対応履歴を表示し、迅速な対応を可能にする。将来的には、蓄積された対応履歴の情報を機械学習にかけ、トラブルに対する解決方法をノウハウ化することも検討している。

NSWとワークスモバイルジャパンとPTCジャパン、LINE WORKSを利用した製造業向けIoTサービスの提供で協業


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事