旅行者向けに広告を出したら本当に来るの? 神田明神納涼祭りで実証実験

位置情報を活用したビッグデータ事業を行うAgoop(アグープ)は、handy Japanと連携し、観光プラットフォームの構築に向けた旅行者の行動解析を開始した。「神田明神納涼祭り」で実証実験を実施した結果を公表した。

Agoopは、handy Japanが提供するホテル設置型のスマホレンタルサービス「handy」に、独自の位置情報取得技術を実装し、旅行者の行動データの収集・解析・見える化に取り組んでいる。旅行者の位置情報ビッグデータを活用することで、旅行者向けに質の高い情報発信や最適なプロモーション施策の実施を目指していく。

第1弾として、2018年8月10~12日に神田明神(で開催された「神田明神納涼祭り」の告知・案内を、handyを通して関東圏に宿泊中の旅行者に向けて実施し、handyを持って周遊した旅行者の行動について、データの可視化を行った。

今回、神田明神納涼祭りの開催告知を、関東圏に設置中のhandy向けに実施。Agoopの解析結果によると、対象の期間中利用されたhandyの内、来場者のピークは午後6時台で東京都港区からの訪問者が最も多く、次に千代田区が占めたという。

Agoopでは、今後もhandy Japanとの連携を強化し、観光分野での位置情報ビッグデータの利活用を進め、価値あるデータを提供できるよう観光プラットフォームの構築を行きたいと説明する。

観光プラットフォームの構築に向けた旅行者の行動解析を開始


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事