2022年のビッグデータ分析市場は、1兆5,617億3,100万円まで拡大

IDC Japanは、国内BDA(Big Data and Analytics)テクノロジー/サービス市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の予測を発表した。インフラストラクチャ、ソフトウェア、サービスの3つの市場セグメントに分類し、市場規模予測を実施した。

市場予測によると、2017年の国内BDAテクノロジー/サービス市場は、前年比8.9%増の高い成長率を記録し、市場規模は8,848億8,900万円となった。従来から進んでいたパブリッククラウドの活用に弾みがついており、PaaSサービスの売り上げを計上するBDAソフトウェア市場やITサービスを計上するBDAサービスの市場に好影響を与えている。

BDAテクノロジー/サービス市場規模は2022年に1兆5,617億3,100万円となり、年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は12.0%になるとIDCでは予測する。この期間の市場の成長は企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた意思決定中心型のアプリケーション開発。

IDCではDXのためのアプリケーション基盤のアーキテクチャとしてDXプラットフォームを提唱している。DXプラットフォームはデータマネジメント/ガバナンス、分析/AI(人工知能)/自動化などのBDAテクノロジー(インテリジェントコア)を中核に据え、企業の内部と外部のプロセスを結び、デジタルビジネスにインテリジェンスとアジリティをもたらし、その成功を支援する。

IDCでは企業のDXの推進がBDAテクノロジーの活用に直結すると予測している。また、DXアプリケーションの開発は企業個別のビジネスモデルに適合するように個別開発になるため、BDAテクノロジーを活用するためのITサービスの成長に大きなアップサイドが期待できるとみている。

「BDAテクノロジー/サービス市場はビジネスのDXに向けた企業個別のアプリケーション開発により、ITサービス市場の高成長が予測されている。ITサプライヤーには自らの持つデジタル技術の専門性を活かしつつ、資本提携や企業の合弁などを視野に入れたよりプロアクティブなDX支援のサービスの取り組みが求められる」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリストである草地 慎太郎氏は分析している。

国内BDAテクノロジー/サービス市場予測を発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事