不正操作/不正動作端末をエッジスイッチで遮断・隔離

アライドテレシスとSkyは、従来提供してきた連携ソリューションを拡張し、Skyのクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」新バージョン(Ver.13)」で拡張された機能とのシステム連携により、内部犯行やマルウェアによる不正操作端末・不正動作端末をエッジスイッチにて遮断隔離するセキュリティの強化を図る連携ソリューションの提供を開始した。

両社は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、Skyのクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化を図るソリューションを提供してきた。今回、SKYSEA Client View Ver.13で拡張された「ITセキュリティ対策強化」Syslog送信機能とのシステム連携により、SKYSEA Client Viewアラート連携による不正操作端末の遮断/隔離が可能になった。

SKYSEA Client Viewは、ログ管理やセキュリティ管理、デバイス管理といった情報漏えい対策に必要な機能をオールインワンで搭載したソフトウェア。クライアントPCだけではなく、オフィスのネットワークに接続されたIT機器の一元管理が可能。また、SKYSEA Client View Ver.13では資産情報、アプリケーション動作、ファイル操作、デバイス操作、ネットワークアクセスや印刷など各種セキュリティ管理上のアラートをSyslogとして通知できるようにした。

Secure Enterprise SDN(SES)は、SDN/OpenFlow技術をエンタープライズや産業向け市場に適応させ、各種アプリケーションとネットワークを連携・連動させることで、ネットワーク運用管理にかかる工数やコストの削減、セキュリティの強化が図れる。今回、SKYSEA Client Viewとのアラート連携の実現により、サイバー攻撃を受け異常な振る舞いを行う端末や、内部犯行による端末の不正操作を検知、被疑端末の通信をエッジスイッチにて遮断/隔離し被害の拡散防止をするといったセキュリティソリューションを提供する。また、この連携ソリューションは、AMF(Autonomous Management Framework)との連携により、AMFメンバースイッチでも動作する。

アライドテレシス、Sky株式会社のSKYSEA Client Viewとのアラート連携セキュリティ強化対策の提供を開始


カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事