データセンター向け100GbEファブリックスイッチを発表、Dell EMC

デルとEMCジャパン(Dell EMC)は、新しいZシリーズ100GbEファブリックスイッチ「Dell EMC Networking Z9264F-ON(以下、Z9264F-ON)」を発表した。前世代の2倍の容量を提供するという。

Broadcomの6.4 Tb/sイーサネット スイッチング シリコン「StrataXGS Tomahawk II」を基盤にした新しいプラットフォームは、ハイパフォーマンスなデータセンタースパイン(幹型)やファブリックアプリケーション向けの目的特化型プラットフォームとして、データセンターラック間の超高速ネットワーク接続を提供するという。

コンパクトな2RUのフォームファクタで64の100GbEポートを提供する最新の「Z9264F-ON」は、大規模でコストがかさむ既存のシャーシスイッチングシステムを切り替えると同時に40GbEから100GbEへの移行を進めたい企業に最適なソリューションを提供。

オンプレミスやホスティング、クラウドなどの環境に関係なく、データセンターへの投資は右肩上がりで推移している。全ての環境において、データセンター内、データセンターのラック間、データセンター間、エッジ、最終的にはエンドユーザーまで、接続性を提供する上でネットワークは最も重要な役割を果たす。

これに仮想化テクノロジーと自動化テクノロジーを組み合わせることでデータセンターのアーキテクチャは根本から変化し、設備の多層構造がなくなる一方でコンピューティングコンポーネントとストレージコンポーネント間の連携が進んでいる。同社によると、ハイパーコンバージド環境からハイパースケール環境まで幅広い環境全体を通じて確かなことだという。

アーキテクチャのシフトは、ネットワークハードウェア/ソフトウェアの選定と購入に関する判断を自ら行いたいという、企業やサービス プロバイダの購買担当者のニーズの高まりにも合致するという。

Dell EMCはこのようなレベルのテクノロジーの分離を「オープンネットワーキング」と呼んでいる。ネットワークソフトウェアのオプションと能力が飛躍的に高まる中で、オープンネットワーキングはソフトウェア定義ネットワーク(SDN)へのシフトの中心となっている。

この新しい消費モデルをサポートする新しい「Z9264F-ON」は、市場/オープンソース両方を含め、競合製品よりも多くのソフトウェアの選択肢を提供し、より大きなイノベーション、より高いコスト削減効果、そして最終的により優れた管理性をもたらすという。

新製品の提供価格は、664万3100円(税別)からとなっている。

Dell EMC、オープンなモダン データセンター向け100GbEファブリックスイッチ「Dell EMC Networking Z9264F-ON」を発表


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事