トイレの空席情報をリアルタイムに可視化

大阪ガスは、バカンと提携し、業務用のユーザーを対象とした簡易データ計測サービス「ekul(イークル)」の新たなサービスとして、「ekul toilet(イークル トイレット)」の提供を2018年9月1日に開始する。

新サービスは、リアルタイムにトイレの混雑状況が分かるクラウドサービス。トイレの個室にセンサーを設置し、インターネット上で個室の使用状況の閲覧が可能になる。トイレの空席状況をリアルタイムに見える化し、時間ロスやストレスの軽減につなげる。

管理者は、トイレの各個室の使用状況をリアルタイムで確認。また、長期滞在者がいる場合は、警告表示やアラートメールを受け取ることが可能。不審者のトイレ潜伏、利用者の体調不良などの可能性を示唆し、早期対応が図れる。

設置するセンサーはトイレのドア部分に固定するだけなので簡単に設置する。また、センサー類や閲覧者の設定も容易なため、安価なサービス導入・利用が可能。

近年、オフィスビルでは一日の大半を過ごす働く空間の快適性が求められており、トイレに対する労働者の要望が高まっている。また、商業施設ではトイレの快適性が再来店に大きく影響することなど、オフィスビルや商業施設等の業務用のユーザーのトイレへの関心が非常に高まっている。

トイレ空席管理IoTサービス「ekul toilet(イークル トイレット)」のサービス開始について


カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事