日本国内のSDN市場は3強が独占

IT(情報技術)システムの主要コンポーネントのひとつである通信網を仮想化する。SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)は、サーバやストレージの仮想化に続いて採用が広がっている。通信網の構成や変更管理を柔軟かつ迅速にし、ITインフラの構築・展開を容易にする技術だ。

その市場を、NVO(ネットワーク仮想化オーバーレイ)ソフトウェアとSDNコントローラーアプライアンスにわけて分析している。IT専門調査会社のIDC Japanは、'17年国内SDN市場のベンダーシェアを発表。ヴイエムウエア、シスコシステムズ、NECのシェアが抜群であり、「3強+その他」の市場構造になっているという。

国内NVOソフトウェア市場シェアはヴイエムウエアが70%超。同社の独り勝ちは、「強固なサーバー仮想化の顧客基盤」「データセンター自動化の過程への適切な位置付け」「マイクロセグメンテーションという武器」によるものだとIDCでは分析している。

一方、国内SDNコントローラーアプライアンス市場は、シスコシステムズとNECが2大ベンダーとして市場を牽引し、シェアを両社で分け合っている。

シスコシステムズはCisco ACIが同年の成長を牽引。従来の実績をベースにSDNソリューションの展開に成功している。データセンタ向けイーサネットスイッチへの高いロイヤルティと、ACIの持つポリシーの一貫性やデプロイメントの容易さが評価されている。

そしてNECはSDN市場、企業向けのそれで孤軍奮闘しつつ牽引してきた。同社のソリューションは、マルチテナントネットワーク仮想化やセキュリティ防御を得意領域としている。'17年は、「自治体ネットワーク強靭化」に伴う需要増加に加えて、製造業の次世代工場ネットワークソリューションなど新たな領域への展開を進め着実に実績をあげてきているという。

動向および調査結果の詳細は、IDCレポートにて確認できる。

国内ネットワーク仮想化市場シェアを発表

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事