原音に限りなく近い音質を再現する「音質設計技術」を確立

ロームは、ハイレゾリューション音源の再生に適したHi-Fiオーディオなど、高音質オーディオ機器に最適なD/AコンバータIC(DACチップ)の製品化技術を確立した。Hi-Fiオーディオとは、音源の持つ情報を忠実に再生することを目指した高音質オーディオのことを指す。

DACチップは、オーディオ製品において最も重要な特性である低雑音と低歪率(S/N比とTHD+N特性)で世界最高クラスの実現はもとより、度重なる試聴評価によって音質に磨きをかけてきたとロームは説明する。2019年夏に最初の製品サンプルを出荷する予定。

ロームは、50年にわたるオーディオICの製品開発を元に、原音に限りなく近い音質を再現する「音質設計技術」を確立し、高音質オーディオ機器に向けて、高音質サウンド・プロセッサICや高音質オーディオ用電源ICなど、音質にフォーカスした製品を開発してきた。同時に、オーディオデバイスのトータルソリューションカンパニーを目指して、DACチップの開発に着手。2018年5月には、ドイツ・ミュンヘンで開催されたHi-Fiオーディオの世界的見本市で開発中のDACチップを初公開していた。

現在開発中のDACチップは、高音質オーディオ用電源IC「BD372xxシリーズ」、高音質サウンド・プロセッサIC「BD3470xシリーズ」「BD34602FS-M」とともに、高音質オーディオ機器市場に向けたロームの新しいオーディオデバイスブランドである「ROHM Musical Device MUS-IC」の一つとして提供していく予定。

ロームが高音質オーディオ機器向けD/Aコンバータの製品化技術を確立

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事