農業生産活動と認証取得・改善活動の両立をICTで支援

NECソリューションイノベータは、農業生産工程管理(Good Agricultural Practice:GAP)に取り組む生産者や生産者団体を支援する「NEC GAP認証支援サービス」の最新版を提供開始した。「JGAP家畜・畜産物」「農場HACCP」に対応したサービスをいち早く提供することで、それぞれの認証取得に取り組む生産者の農業生産活動と認証取得・改善活動の両立をICTで支援する。

近年、食品安全や環境保全、労働安全など持続可能性を確保するための生産工程管理の取り組みであるGAP認証取得の必要性が高まっている。そこで同社は、GAP認証取得に取り組む生産者や生産者団体を支援するサービスを2017年1月から提供を開始した。

一方、2017年3月に日本版畜産GAPとして「JGAP家畜・畜産物」の基準書が完成・公開され、同年8月に審査認証機関による認証が開始。農作物だけでなく、畜産におけるGAPへの関心も高まってきた。さらに、2009年8月に公表された「畜産農場における飼養衛生管理向上の取組認証基準(農場HACCP認証基準)」への関心も高まり、認証取得農場数はこの2年間で約2倍増えているという。

このような状況の中、JGAP家畜・畜産物や農場HACCPの認証取得を目指す生産者を支援するため、それぞれの取り組みに対応した認証支援サービスの提供を開始した。

同サービスでは、JGAP家畜・畜産物、農場HACCPの基準に対応し、畜種別の規範、附属書、飼養衛生管理基準を登録。これにより、JGAP家畜・畜産物、農場HACCPの認証取得に向けた取り組みを管理することで生産活動と認証取得・改善活動の両立を支援する。

また、JGAP家畜・畜産物と農場HACCPの両認証に関連する項目は一度の入力でデータが自動共有される。両認証の取得管理における入力作業等の負荷軽減を支援する。農場HACCP認証を取得している生産者がJGAP家畜・畜産物の取得を目指す際に実施される差分審査を踏まえ、JGAP家畜・畜産物の中で審査が免除される管理点を「適用外」と自動的に表示変更する。

NECソリューションイノベータ、畜産におけるGAPに対応した「NEC GAP認証支援サービス」の最新版を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , バイオ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事