様々な環境を模擬した恒温槽試験ができるロボットシステム

東陽テクニカは、自動車コンポーネントやドア試験システムのリーディングカンパニーである独Kubrich Ingenieurgesellschaft mbH & Co. KGのタッチパネル機能試験システム「SIRKUFLEX TSR」を2018年9月1日に販売開始する。

近年タッチパネルは、スマートフォン、タブレット、コピー機などのデジタル情報機器から、駅の自動券売機、医療機関の受付や会計システム、金融機関のATMといった公共サービスまで多方面で使用されていて、生活になくてはならないものになってきている。

特に、車載用タッチパネルは、カーナビゲーションだけではなく、ディスプレイオーディオやリアエンターテイメントシステムなどに用途が拡大。スマートフォンやタブレットのタッチパネルと同様の操作性(マルチタッチ、フェザータッチ)に加え、曲面ディスプレイなどのデザイン性が求められ、従来の抵抗膜方式から静電容量方式に置き換えが進んでいる。

静電容量方式のタッチパネルは、カバーパネルをガラス、プラスチック、樹脂など自由に選ぶことができる一方、カバーの設置によるタッチ感度の低下が課題だという。小さな荷重を加えたときの感度の計測と操作の成否などを確認、さらに、抵抗膜方式と同様、環境温度が変化したときの操作性が各メーカーの基準を満たしているか試験し、機能性や耐久性を確かめる必要がある。

今回発表したSIRKUFLEX TSRは、-30℃~85℃の環境温度に対応し、様々な環境を模擬した恒温槽試験ができるタッチパネルの機能・耐久性試験ロボットシステム。一本指のタッチ動作はもちろんのこと、スワイプ/ズーム/回転動作ができ、複雑な試験パターンをユーザーが簡単・自由に設定して実施できる。

タッチパネル機能試験システム「SIRKUFLEX TSR」販売開始


カテゴリー: 情報通信 , 製造 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事