5G時代に向けて、5Gbps以上の超高速域まで拡大

日本電気(NEC)は、通信トラフィックを高度に制御することで、利用者の体感品質向上や通信事業者の効率的なネットワーク運用を実現するソリューション「Traffic Management Solution」(以下、TMS)を次世代無線通信規格5G向けに強化して販売開始した。

5Gの実用化が近付く中、高速・大容量通信の実現に向け無線区間のみならずコアネットワークの高速化が求められている。また、5Gの実用化後は、4Gや5Gなど通信速度が異なるネットワークが混在するため、端末が移動中に通信する基地局を切り替えるハンドオーバー時のネットワークの安定性確保も重要となる。

今回の強化では、TMSを構成するソフトウェアを一新し、性能・分析精度の向上を図る。また、ネットワーク状況の変動に応じて制御する機能である「Dynamic TCP Optimization」の対応範囲を5Gbps以上の超高速域まで拡大した。

これにより、5Gbps以上の超高速域において約24%のスループット向上を実現し、5Gから4Gへのハンドオーバー時のダウンロード時間を約27%短縮。4Gから5Gへのハンドオーバー時の最高速度への到達時間を約64%短縮できたという。

TMSは4G環境においても通信品質向上が可能で、4G向けに導入したTMSは、5Gに移行後もそのまま利用できる。

NECは、グローバルで20社以上の通信事業者が採用するTMSを今後も強化し、5Gの更なる進化に対応することで、利用者の体感品質向上や通信事業者の効率的なネットワーク運用に貢献していきたい考え。

NEC、通信トラフィックを高度に制御する「Traffic Management Solution」を5G向けに強化

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事